グローバルM&Aコンサルティング | マーサージャパン

部門別サービス
グローバルM&Aコンサルティング

M&Aにおけるシナジー創出を、人事・組織面から一貫してサポート

マーサーは、国内のM&A、あるいは、海外企業を対象としたM&A(クロスボーダーM&A)を問わず、M&Aにおける様々な人事関連課題の把握と解決を、事前準備期(プレ・ディール)からディールクローズ後(ポスト・クロージング)まで一貫してサポートします。

1. マーサーM&Aチーム 概要と5つの強み
  • 日本におけるM&A専門チームの設立以来、10年以上にわたる長い歴史。
    国内M&A、クロスボーダーM&Aを合わせ、毎年数十件におよぶ豊富な実績。

    もっと詳しく


2. マーサーのサポートする組織・事業領域マップ
  • 事前準備期(プレ・ディール)からディールクローズ後(ポスト・クロージング)まで一貫してサポート。

    もっと詳しく


マーサーのサポートする組織・事業領域マップ

※各サービスをクリックいただくと、詳細をご覧いただけます
  •  
  • プレディール
  • デューデリジェンス
  • 最終契約交渉
  • クロージング準備
  • ポスト・クロージング Phase1
  • ポスト・クロージング Phase2
  •  
  • 基本的タスク
  • 統合初期診断
  • 組織・人事DD
  • 買収契約書へのDD発見事項の反映
  • スタンド・アロン・イシューへの対応
  • 人事制度・運用の詳細把握および人事機能整備
  • ワークフォース・アナリシス
  • 個別案件を超えたグローバル・ガバナンスの確立(中期的)
  • 基本的タスク
  • 統合初期診断
  • 組織・人事DD
  • 買収契約書へのDD発見事項の反映
  • HRコミュニケーション(クロージング向け)
  • HRコミュニケーション(移行期)
  • HRコミュニケーション(100日プラン)
  • 個別案件を超えたグローバル・ガバナンスの確立(中期的)
  • ガバナンスおよびマネジメントの新体制確立
  • 統合初期診断
  • 経営者報酬・雇用条件レビュー
  • 経営者リテンション(引き留め策)
  • マネジメントとガバナンスの実態調査および新体制設計
  • 経営者・幹部アセスメント
  • 経営チームのトランジション検討
  • 個別案件を超えたグローバル・ガバナンスの確立(中期的)
  • ガバナンスおよびマネジメントの新体制確立
  • 統合初期診断
  • 経営者報酬・雇用条件レビュー
  • 経営者リテンション(引き留め策)
  • マネジメントとガバナンスの実態調査および新体制設計
  • 100日プラン策定
  • KPIの具体化と報酬のリンク
  • 個別案件を超えたグローバル・ガバナンスの確立(中期的)
  • M&A シナジー創出施策
  • 統合初期診断
  •  
  •  
  • リーダーシップ融合ワークショップ
  • 100日プラン策定
  • 組織診断および社員の意識改革・行動改革
  • 個別案件を超えたグローバル・ガバナンスの確立(中期的)
  • M&A シナジー創出施策
  • 統合初期診断
  •  
  •  
  • リーダーシップ融合ワークショップ
  • 100日プラン策定
  • 組織統合・人事制度統合・年金制度統合
  • 個別案件を超えたグローバル・ガバナンスの確立(中期的)
  • M&A シナジー創出施策
  • 統合初期診断
  •  
  •  
  • M&Aに伴うリストラの検討・実施
  • M&Aに伴うリストラの検討・実施
  • M&Aに伴うリストラの検討・実施
  • 個別案件を超えたグローバル・ガバナンスの確立(中期的)

グローバルM&Aコンサルティングの主なサービス領域

他のサービスを見る

<M&Aトップページに戻る
 

組織・人事 統合初期診断

主なグローバルM&Aコンサルティングサービス

総合初期診断

買収検討初期段階で両社のフィット感を考察しておくことで、将来の統合を見据えた場合の重要課題が想定できるため、より効果的かつ効率的なHRDD(組織・人事デューデリジェンス)が可能になります。
詳細

組織・人事デューデリジェンス

買収対象(会社、事業)を買収前に精査し、買収によって買い手が負うリスクと、手にするチャンスを明らかにします。
詳細

経営者報酬・雇用条件レビュー

買収先の現経営者のリテンションあるいは交代に関して、退職リスクを適正に評価し、買い手の意向に沿った合意可能な案を策定するには、現契約内容の把握・分析が欠かせません。
詳細

経営者リテンション(引き留め策)

会社や事業の買収直後にそれら組織の経営を担える人材を買い手で準備することができず、対象会社の経営者が継続してくれない場合にたちまち困ってしまうのが、多くのクロスボーダーM&Aの実情と考えます。
詳細

リーダーシップ融合ワークショップ

「M&A=建設的変化」のキーメッセージが混乱なくかつ遅滞なく、組織に浸透するよう注力することが大事です。そのためには、真っ先に、両社のリーダーシップ(経営層)の融合を図るのが合理的です。
詳細

幹部アセスメント

買収先の経営層の実態把握と課題対策を速やかに進めることが、M&Aに対する買い手のリスクを大幅に軽減します。買い手が後継者のプランニングを行うことで、現任者に健全に計画達成を求めていくことが可能になります。
詳細

100日プラン策定

クロージング後約3ヶ月以内(100日間)に買収先の基本計画を作成する「100日プラン策定」では、取り組むべき項目を明らかにして検討体制とメンバーを固め、準備プロセスには買収先トップを上手く巻き込んで支持を得ることが必要です。
詳細

ワークフォース・アナリシス

クロージング後に買収先の一般社員のHRマネジメントの現状を分析し、現在および将来における経営レベルの重要HR課題を抽出して、解決の方向性を検討します。
詳細

経営チームのトランジション検討

クロージング直後の経営体制が抱える現状および将来のリスクを見極め、何らか改善すべき問題が見出された場合に、そのリスクを低減するための経営チームの改善方法を議論します。
詳細