大塚 修生 - プロフィール | マーサージャパン

Nobuo Ohtsuka

マーサー経営陣
大塚 修生
プロフィール

大塚 修生

取締役 資産運用コンサルティング部門代表 “マーサーが目指すのは、お客様の様々なニーズに対応できる先進的なサービスの提供です。運用コンサルティングの領域では、1970年初めの米国エリサ法適用に先立ち、年金基金・企業年金向けに業務を開始、長年蓄積したノウハウ・知見を活用して、2000年代初めの規制変化を受けた負債対応型運用のニーズ、グローバル金融危機を契機とした市場の混乱、その後の世界的な低金利環境など、あらゆる状況においてお客様のニーズに対応したサービスを提供しております。様々なニーズに応えるためには、例えば、年金を含む機関投資家のヘッジファンドやプライベートマーケットなどへのニーズの高まりを受け、自力での強化・拡充は勿論、実績ある他社を買収し必要な機能を補完、実証された先進的なアイディア提供が可能な体制構築にも努めて参りました。マーサーはこのようにしてグローバルな環境で培ってきたサービス提供を心掛けて参ります。”

コンタクト情報

略歴

2001年 マーサー入社。以来、日本の企業年金(外資系を含む)に対する資産運用コンサルティングに従事。

マーサー社内の資本市場リサーチチームにも属し、マーサー海外と協調して日本市場を中心としたリサーチに従事。2013年7月より現職。

マーサー入社以前は、日系金融機関で、機関投資家向け資産運用から個人投資家向け資産運用に至る幅広い分野での企画・立案に従事。

京都大学法学部卒業

CFA, CMA, FRM, CAIA