CSR活動における責任投資の支援 | マーサージャパン

資産運用コンサルティング

CSR活動における責任投資の支援

  • 自社企業年金が責任投資方針を持つことにより企業CSRが強化できる
  • 責任投資ファンドに投資、個別エンゲージメントにより、CSRのベスト・プラクティスを提示でき、CSRが進むべき道を示せる
  • 共同エンゲージメントにより、自社CSRがより評価される環境を整備できる
  • 投資家として、ESGに関わるリスクと収益機会に対応できる(ミクロ的視点)
  • マクロ的な最終目標=持続的発展に貢献できる

責任投資の定義

責任投資 (RI = Responsible Investment)

ESGが企業価値に影響を与えうるという考え方にもとづき、ESGの考慮を運用プロセスおよび株式の所有者としての行動に取り込んだ投資

ESGとは

  • Environmental, social and corporate governance issues (環境、社会、コーポレートガバナンスに関する課題)
  • 責任投資が考慮する要因

責任投資の例

  • 社会的責任投資 (SRI = Socially Responsible Investment)
    収益目標の達成と同時に、社会問題や環境問題に関する目標を達成しようとする投資プロセス
  • テーマ運用

マーサー ジャパンの責任投資サービス

  サービス   内容
 
責任投資のトレーニング
責任投資、ESG問題に関するトレーニング
- 標準的なトレーニングおよび個々のニーズに合わせた内容を提供します
 
責任投資の投資方針の策定支援
責任投資への投資哲学の検討、責任投資ガイドラインの策定、投資政策へESG組込みなど、責任投資体制構築を支援いたします
 
運用機関ESG評価
責任投資チームのグローバルネットワークを活かして運用機関のESGに対する取り組みを評価します

お問い合わせ