組織・人事コミュニケーション | グローバルM&Aコンサルティング | マーサージャパン

グローバルM&Aコンサルティング

組織・人事コミュニケーション

買収先従業員の不安を軽減し、期待を醸成して、M&A成功に向けての組織のモメンタム(勢い)を生み出すことが重要です。誰が、何を、誰に、どのように、どのような方法で伝えるかを、各国の受け手の状況に配慮しつつも、全体整合をとって計画し、体制を整えてしっかりと実行する必要があります。

組織・人事コミュニケーションに関するサービス詳細

INDEX

組織・人事コミュニケーションの理解のポイント 〜 What? Why? How? 〜

What?

買収先の従業員に対して、合意したM&Aの趣旨、買い手の概要、今後の会社の方向性・体制、従業員にとって従来と変わることと変わらないこと、といった重要事項を整理し、最適な方法・ツールを用いて、タイムリー、かつ効果的・効率的にコミュニケーションを行います。

Why?

通常、対外発表まで秘密裏に進行するM&Aの性質上、買収先の従業員は、突然多くのことを知らされることになります。買収後に従業員のパフォーマンスが落ちることがないように、不安を軽減し、今後に対する期待を醸成することが重要です。双方の経営が社員にいつ、何を、どうやって伝えるべきかを決め、適切に実施することが必要です。

How?

プロセスマネジメントの巧拙が、成功のカギを握ります。コミュニケーションの専門チームあるいはワークストリームを立ちあげ、他のモジュールと連携して、マスタープランを常時アップデートしていきます。実施段階に入ると、買収先と買い手との緊密な連携が不可欠になります。体制の弱い恐れのある拠点は事前に洗い出し、対策を考える必要があります。

マーサーの具体的サービス

  • 買収先従業員に伝えるメッセージの整理、推敲
  • プロセスコントロールおよび関係者の連携確保:グローバルおよびローカル
  • グローバルメッセージのローカル展開:言語対応、承認プロセス、ロジスティクスなど
  • マネージャー手引き、FAQの作成
  • 一般従業員向けビデオ、ウェブサイト、ウェルカムパッケージの作成
  • タウンホールミーティングの設計、実施支援
  • HRコミュニケーションに関するヘルプデスク運営、オンサイト常駐サポートサービス など
CAPTURING THE VALUE OF THE DEAL
詳細を見る
 

M&A人事コラム

経営者が何を言ったかではなくて、従業員が実際どう思っているかがすべてである("Perception is reality”)。コミュニケーションは、その内容・タイミングだけでなく、トーンやスタイル、あるいは使用するツールや場の設定(印刷物、メール、ウェブサイト、ボイスメッセージ、ミーティング、ビデオ、職場上長からの伝達など)も重要である。

また、M&Aの局面においてこれらの要素をきちんとコントロールするには、体制整備も重要になってくる。特に、買収先が多くの国で操業しているときが大変である。買い手の中の確認・許可のプロセスも、よく整理しないと効率が悪いし、多くの仕掛事項を漏らさずに、同時並行的にモニターし続けるのも、思うほど簡単ではない。相手にとって気持ちよく督促する、という技術も必要になってくる。

M&Aでは、サイニング、クロージング、100日プラン策定後、とステージが進むごとに具体的に伝えるべき事項とコミュニケーションの相手方が増えていく。逆に、まだ社員に伝えられる状態にない事項については、いつごろ発表できるのかをきちんと伝えて、先を照らすことが原則になる。これも「不安の軽減」と「期待の醸成」の一つの形である。決まっていないことについて予想や想像で誰かが言及すると、後で修正が利かなくなるリスクを負うので、厳にコミュニケーションを統制すべきである。

他のサービスを見る

<サービス一覧に戻る

スタンドアロンイシューへの対応

マネジメントとガバナンスの実態調査および新体制設計

他のコンテンツを見る

[ マーサーを知る ]

グローバルM&Aコンサルティング概要~M&Aチームの特徴と強み~
マーサーのサービス領域

[ マーサーに学ぶ ]

M&Aライブラリ (記事一覧)
クロスボーダーM&A 基礎セミナー    中上級 1    中上級 2
書籍のご案内

HRコミュニケーションに関するお問い合わせ

マーサーのサービスに対するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にご連絡ください。 お問い合わせ TEL: 03 6775 6646

クロスボーダーM&A セミナーのご案内

日本企業にとって、かねてから海外企業買収による成長は最も重要な経営テーマです。クロスボーダーM&Aがうまくできるかどうかによって、次第に各企業の行く末が左右されるようになってきています。 本セミナーは3部構成とし、M&Aの各段階で立ち戻るべき原理・原則の解説と、現場での実践のヒントの紹介に注力いたします。

クロスボーダーM&A [1] 基礎セミナー
組織・人事デューデリジェンスと経営者リテンション
セミナー日程・詳細情報
クロスボーダーM&A [2] 中上級セミナー
経営者に対するガバナンスの確立
セミナー日程・詳細情報
クロスボーダーM&A [3] 中上級セミナー
組織統合のタイミングと手法
セミナー日程・詳細情報

セミナー・メールマガジンのご案内

グローバルM&Aに関する最新のトピックスやマーサーの知見に触れることができるメールマガジンを発行しています。是非ご登録ください。

メールマガジン購読