買収契約書への組織・人事デューデリジェンス発見事項の反映 | グローバルM&Aコンサルティング | マーサージャパン

グローバルM&Aコンサルティング

買収契約書への組織・人事デューデリジェンス発見事項の反映

組織・人事デューデリジェンスにおける重要な発見事項を、リーガルアドバイザーと協働して買収契約書に反映し、M&Aのリスクを低減・回避します。

買収契約書への組織・人事デューデリジェンス発見事項の反映に関するサービス詳細

INDEX

買収契約書への組織・人事デューデリジェンス発見事項の反映の理解のポイント 〜 What? Why? How? 〜

What?

DD(デューデリジェンス)における重要な発見事項を、買い手(クライアント)の意向に沿う形で、リーガルアドバイザーと協働しながら買収契約書に反映します。但し、マーサ ーはリーガルアドバイザーではありませんので、契約書に反映すべき内容の報告とご説明のみを行います。契約書文言への落とし込みと契約全体の最終確認は、リーガルアドバイザーにご依頼願います。

Why?

DDで発見した重要な問題については、売り手によって適切な対応がなされることをクロージングの条件としたり、買収価格の調整条項を設けるなどして、買い手のリスクを回避したり低減する必要があります。また、DDで買い手が必要とする情報のすべてが開示されるわけではないので、買収を決断するたに、未開示情報に起因するリスクの回避を担保することも大切です。

How?

契約書に反映すべき内容をその背景と共に報告し、その内容をリーガルアドバイザーが契約書文言へと落とし込むためのサポートを行います。但し、マーサーはリーガルアドバイザーではないため、契約書への反映方法、最終的な記載文言、などはリーガルアドバイザーの責任で行われる必要がございます。

マーサーの具体的サービス

  • 契約書に反映すべき内容の報告とご説明(DDレポートにて行います)
  • リーガルアドバイザー、ファイナンシャルアドバイザー(FA)などへの補足説明
  • 売り手が提示する買収契約書ドラフト中に、標準的な組織・人事の慣行と異なる記述など、買い手が留意すべき内容が盛り込まれていないかについての確認 など

他のサービスを見る

<サービス一覧に戻る

経営者報酬・雇用条件レビュー

経営者リテンション(引き留め策)

他のコンテンツを見る

[ マーサーを知る ]

グローバルM&Aコンサルティング概要~M&Aチームの特徴と強み~
マーサーのサービス領域

[ マーサーに学ぶ ]

M&Aライブラリ (記事一覧)
クロスボーダーM&A 基礎セミナー    中上級 1    中上級 2
書籍のご案内

買収契約書へのDD発見事項の反映に関するお問い合わせ

マーサーのサービスに対するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にご連絡ください。 お問い合わせ TEL: 03 6775 6646

クロスボーダーM&A セミナーのご案内

日本企業にとって、かねてから海外企業買収による成長は最も重要な経営テーマです。クロスボーダーM&Aがうまくできるかどうかによって、次第に各企業の行く末が左右されるようになってきています。 本セミナーは3部構成とし、M&Aの各段階で立ち戻るべき原理・原則の解説と、現場での実践のヒントの紹介に注力いたします。

クロスボーダーM&A [1] 基礎セミナー
組織・人事デューデリジェンスと経営者リテンション
セミナー日程・詳細情報
クロスボーダーM&A [2] 中上級セミナー
経営者に対するガバナンスの確立
セミナー日程・詳細情報
クロスボーダーM&A [3] 中上級セミナー
組織統合のタイミングと手法
セミナー日程・詳細情報

セミナー・メールマガジンのご案内

グローバルM&Aに関する最新のトピックスやマーサーの知見に触れることができるメールマガジンを発行しています。是非ご登録ください。

メールマガジン購読