白川 雄一(しらかわ ゆういち)

M&Aアドバイザリーサービス部門 マネージャー

略歴

証券会社オペレーション部門を経て現職。

前職では、債券・株式・為替のミドルオフィス業務に従事。国債入札、ETF設定・交換、コーポレートアクション等、トレードの上流から下流までの工程における幅広い業務に加え、トレードに付随するクライアントサービス、外国為替及びデリバティブに関する中央銀行サーベイにも取り組んだ。JGB・外債トレーディングシステムの新規導入、株式ポストトレード処理効率化、為替法定帳簿及び顧客ステートメントの自動化等のBPRプロジェクトリード経験を有する。

マーサーにおいては、日本企業による国内外の企業の買収案件ならびに外資系企業による日本企業の部門買収に伴うデューデリジェンス~サイニングに向けた支援、国内事業再編に伴うデューデリジェンスに従事。これまでに支援した業界は、電機・機械、精密機器、化学、物流、情報通信、食品、サービスなどがあり、人事デューデリジェンス、経営者報酬設計・リテンション、多国籍カーブアウト案件のクロージング支援、従業員コミュニケーション等の支援を行っている。

国際基督教大学教養学部国際関係学科卒。

 

執筆履歴