退職給付制度設計 | マーサージャパン

退職給付制度設計

マーサーのiRFM(Integrated Retirement Financial Management)モデルは、退職金・年金制度に経営目標を適切に反映させ、コスト効率を高めるのに有効なツールです。

現行制度は経営目標に合致していますか? リスク管理への対応は万全ですか?
経営目標の達成には、従業員の士気を高め、会社の定めるバリューを実践する者を増やす必要があります。人事制度には、そのための経営者からのメッセージが適切に込められていなければなりません。退職金、年金制度は人事制度の重要な構成要素です。前回の見直しから時間が経っている場合は、一度レビューすることをお勧めします。

また、退職給付制度の特性として給付までの期間が非常に長期に亘り、結果として大きな財務リスクを抱える可能性も挙げられます。リスク管理に投資家の厳しい目が向けられている昨今、リスク管理という観点での制度見直しも重要だと考えられます。


マーサーのiRFMモデル (Integrated Retirement Financial Management)

マーサーのiRFMモデルは、退職金・年金制度に経営目標を適切に反映させ、コスト効率を高めるのに有効なツールです。

マーサーの制度設計

詳細な議論の前に、新制度のフレームワークについての関係者の合意形成を重視します
  • 関係者のニーズを把握する際には、マーサーIQ(マーサーが独自に開発したアンケート)を活用します。
ベネフィットサーベイのデータを活用することにより、制度内容・水準に関する市場比較が可能です

詳細設計は、関係者で合意したフレームワークに合致するものを、責任を持ってご提案します
  • 通常、現行社員には何らかの経過措置が必要になります。しかし、経過措置はコストを伴います。 マーサーでは、コスト計算を同時に行ったうえで、コスト効率が高く、かつ、社員の納得性の高い経過措置をご提案します。
  • 社員の納得性の高い経過措置を検討するにあたって、マーサーのWinner/Loser分析は、非常に有効なツールです。まずは、社員一人ひとりについて分析し、それを見やすい形に集計して議論に役立てます。
海外とのコミュニケーションをサポートします
  • 海外在住の関係者とのコミュニケーションの難しさは英語など言語の問題だけではありません。お互いの国の制度の違いに起因するもの、そもそもの考え方の違いに起因するものが大きいといえます。マーサーは40カ国以上にオフィスがありサービスを提供していますので、海外のオフィスと連携し、円滑なコミュニケーションをサポートすることができます。また、日本在住のネイティブスピーカーが日本からも英語でのコミュニケーションをサポートします。

社員とのコミュニケーションをサポートします
  • 新制度のフレームワークを策定する際に、新制度導入によって達成すべき目標について議論します。人事面での目標は、制度という器を作っただけで達成できるものではなく、社員に正しく理解してもらって初めて達成できるものです。コミュニケーション戦略の策定から説明会での説明まで、幅広くサポートします。

確定拠出年金制度(DC)を導入する場合、運営管理機関の選定や従業員投資教育(ライフプランセミナー含む)に関してもサポートします

 

お問い合わせ