Cameron Systermans

Head of Mainstream Investments


経験こそ、未知を拓く鍵。


 

絆を育み、実を結ぶ。

 

お客様の資金をお預かりして運用する。その責任は重大です。でも、利点を出すためにしなければならないことは意外と明確なんです。営業ありきの日本の業界は、顧客の運用ニーズを軽視しがちです。いろいろな運用のニーズがあるのに、それにあったものを作れる会社が残念ながらとても少ない。マーサーの強みは、ソリューションモデルをカスタマイズしたり、ケースによってはゼロからテーラーメイドできることです。だからこそ、日々のニュースを読み解きマーケットの動きを把握しながら、幅広くリサーチして有用なデータを集める。お客様にお伝えする資産運用のポートフォリオは、するべきことの小さな積み重ねから得られる盤石な構えなのです。

一番大事なのは、お客様の考えを理解すること。僕はちょっとおしゃべりな外国人なので、言いたいことをぐっと堪えてまず、耳を傾けます。正直、日本人は細かいなあと思うことはありますよ。でも、信頼関係ができるまでは相手のペースに合わせます。妻が日本人で、商店街があるような雑多な庶民の街が好きなので、ご近所付き合いもよくする方ですが、本音で言い合える仲になるまでには時間がかかるものです。それでも、相手の気持ちに寄り添うようにこちらから正直に接すれば、だんだんと良心を見せてくれるようになります。心が開けば、絆は固い。そこが日本人の良いところ。コミュニケーションに関しては、普段の暮らしから学んだことも多いですね。

要した時間よりも重視しているのは、結果です。短時間でも結果が出せればOK。優先順位を決めて、やらなくて良いことはやらない。子供が産まれたので育休もとりましたし、有給も使います。マーサーは仕事の本質がわかっている、実と理に適った良い会社です。日本人の働き方も最近随分変わってきましたよね。利点がわかれば、今すべきことが見えてくる。資産運用も同じ。本質を見抜けるかどうかが、鍵なんです。

 

みんな幸せ、のレシピ。

 

精神的にはタフです。批判されてもまったく気になりませんから。15歳の時にメルボルンのボーディングスクールで自己改革したんです。正確に言うと"改革された”ですね。ボーディングスクールは、学業のみならず礼儀や規律、自立心やコミュニケーション能力も養う全寮制の寄宿学校で、ヨーロッパにも名門校がありますが、私が入った学校は人里離れた山の中。かつてチャールズ皇太子も通われた由緒ある伝統校なのですが、実態はまるでアウトドア。テレビも電話もなく、携帯電話も禁止。お湯も出ないから薪で火を起こす。週末は山の中にテントを張って寝る。近くの牧場や農場で力仕事をさせられることも。ちょっと太めの坊やでしたが、たった1年で劇的に体重が減って心も強くなりました。がんばれば、何でもできる。仲間たちと助け合いながら、成せば成る。自ら切り開いていくチャレンジ精神が培われました。客観性と独自性を持って、いかなる局面でも全力を尽くす。決して自分を見失わない。リアルな成功体験が今に繋がっているんです。


Fill 1 Created with Sketch.
I value hard work,
thinking independently and objectively,
and just being myself.
Fill 1 Created with Sketch.

 

人は時々、失敗します。誰かに影響されて、道を踏み外してしまうこともあります。だから、善き人だけを手本にして悪しき人の真似は絶対にしない。生きていく上で大切にしているシンプルな信条です。それでも失敗した時は、繰り返さないように自己分析する。劇的に変えられなくても、少しずつチューニングすればいい。立てた目標に固執して、大事なことを忘れてしまわないように、公私のバランスを取る時間も必要だと思います。仕事でも私生活でも、大切だと思う人の幸せはそのまま自分に返ってきますから。

家族や仲間たちを手作りのご馳走でもてなすこともあります。料理は典型的なマルチタスク。冷蔵庫の材料を組み合わせたりスパイスを加えたりして、新しいメニューにトライすることがとても楽しいんです。ギリシャ料理のムサカを良く作るのですが、肉や野菜の具材とソースを何層も重ねて味わい深くするプロセスは、ポートフォリオを作る感覚と似ているかもしれません。いろいろ試行錯誤して、みんながおいしいと言ってくれたら僕も幸せ。お客様も、仕事仲間も、ご近所さんも。何より、妻も。英語で言うと、Happy wife, happy lifeですね。息子はまだ小さいのですが、グローバルな人間になってほしいから、ボーディングスクールに通わせてあげたい。でも学費が高いなあ。稼がないとね!

Cameron Systermans シスタマンス・キャメロン

伝統資産運用部長

略歴
マーサー・インベストメンツ(東京)のポートフォリオ・マネジャー。主な職務として、日本とアジアのお客様向けにマルチアセット・ポートフォリオとカスタマイズ・ソリューションを手掛ける。
また、日本向け投資一任業務の伝統資産運用部長も務め、西太平洋米国領のお客様にも資産運用コンサルティングを行う。
2016年7月の東京赴任以前は、メルボルンにて太平洋地域インベストメント・マネジメント・チームのシニアアソシエイトとして、主に資産配分を担当すると共に、債券とオルタナティブ投資のポートフォリオ運用にも携わる。
2013年にマーサーに入社。前職のオーストラリア首相・内閣省では、金融分野及び海外投資政策に関する問題について当時の首相にハイレベルな助言を 提供すると共に、主要金融市場の動向分析も行う。それ以前は、G20サミットで検討課題となる政策の他、グローバルマクロ経済分析も担当。首相・内閣省入省前は同国財務省にて国家予算に従事。
オーストラリア国立大学にて金融マネジメント修士号、経済学士号、アジア研究学士号を取得、CFA資格保有者。