コンサルタント紹介 - 中村 健一郎

コンサルタント紹介 - 中村 健一郎

コンサルタント紹介 - 中村 健一郎

  • Profile
  • 略歴
  • ・システムインテグレーター、会計系コンサルティングファームを経てマーサージャパンに参画
  • ・一橋大学 経済学部卒業
  • Main Focus
  • 主担当領域
  • ・日本企業の国内からグローバルに至る経営課題を解決するための組織・人事変革 全般
  • Projects
  • プロジェクト
  • ・大手国内メーカーグローバル人事制度改革
  • ・大手インターネット企業人事制度改革・リーダーシップ強化支援
  • ・大手総合商社人事制度改革 他多数
今の仕事のやりがい・醍醐味は何ですか?
国土も狭く、資源に乏しい日本が、今後とも世界でプレゼンスを発揮していく鍵となるのは、人的資源です。その人的資源を最大限に活用するために必要な変革を、様々な企業に対して支援していくことにやりがいを感じています。
長年、組織・人事変革のコンサルティングに従事していますが、ヒトにまつわる課題は尽きることがありません。経営の選択と集中、効率化が経営課題であった時代から、グローバル化、創造性の発揮を追及していく時代に変わりつつある中でも、企業に求められる変革課題の中心は常にヒト(人的資源)であり続けています。
一方で、ヒトの問題を企業自らが解決していくことには困難が伴います。「人は現実のすべてが見えるわけではなく 、多くの人は見たいと思う現実しか見ない」(ユリウス・カエサル)という言葉にあるとおり、組織の中で全ての現実(≒課題)を客観的に見ることは難しく、それがヒトの課題となると更に困難さが増します。
マーサーでは、クライアントから「自分たちではどうしても解けない」問題の相談を受けることが多くなります。そうした課題にクライアントと共に取り組む中で、「マーサーがいたからこそ、この課題を克服できた」と言われるような仕事を完遂することに醍醐味を感じています。
マーサーでのキャリアの中で最も印象に残っているプロジェクトについて教えてください?
マーサーでの仕事は、どの仕事もとても印象深いものです。その中で一つあげるとすれば、最近実施した大手電機メーカーの人事制度改革のご支援です。
その企業は、巨大であり、かつ尊敬すべき長い伝統と文化を持った会社でしたが、会社が変わっていくために数十年ぶりに人事制度の根幹を変革することを目指されていました。会社の全てを把握している人はおらず、様々な価値観や考え方を持った人がいらっしゃる中で、マーサーのメソドロジーを基盤としつつも、それを同社に合わせてカスタマイズし、クライアントチームとの連携を通じて、高い品質のコンサルティングを提供し続け、改革を成し遂げました。
この仕事はメディアにも紹介され、日本社会に一定のインパクトを与えることができたと自負しています。クライアントチームからプロジェクトの途中、何度も「本当にこの方向で正しいのか」と問い詰められた時にも、経験と論理を基に、信念を持ってアプローチすることで、プロジェクトの終盤には「確かにこの方法しかなかった」と仰っていただきました。その時に、自らの仕事の価値を実感すると共に、誇りを感じました。
なぜ数多ある職場の中からマーサーを選択されたのですか?
今、日本企業の最大の経営課題は、競争が益々グローバル化していく中で生き残っていくことにあります。必然、それは、如何にしてグローバル環境の中で最大限の成果を出せる組織を作り出していくのかということになります。
マーサーのグループ会社であるマーシュアンドマクレナンは、100年を超える歴史を持つグローバル企業であり、マーサーもまた、半世紀以上の歴史を持つグローバルカンパニーです。長年の経営とコンサルティングの歴史の中で培われてきた知恵や経験は、日本企業に必ず役立つと考えていますし、実際に今も仕事をしていて常に役立つと感じています。それが、マーサーを選んでいる一番の理由です。
また、マーサーのグローバルの仲間が、皆、気持ち良く働ける人たちばかりであることも理由になっています。
新卒採用の候補者に向けて一言
組織・人の分野の課題は尽きることがありません。組織・人の分野の課題に対して興味があれば、学ぶことが尽きることはありません。この分野こそが日本企業にとって欠かせないテーマであるという使命感の下、常に向学心を持って、この分野における謎に取り組んでいきたいという方がいらっしゃいましたら、是非ご一緒したいと思います。

コンサルタント紹介