コンサルタント紹介 - 亀長 尚尋 | マーサージャパン

コンサルタント紹介 - 亀長 尚尋

  • Profile
  • 略歴
  • ・外資系コンサルティング会社を経て、マーサージャパンに参画 新卒以来、一貫して組織・人事コンサルティングに従事
  • ・東京大学工学部卒業・東京大学大学院工学系研究科修了
  • Main Focus
  • 主担当領域
  • ・日本企業のコーポレート・ガバナンス、役員報酬に関する課題解決の支援
  • ・日本企業の持続的な成長を支える経営人材の計画的育成の支援
  • Projects
  • プロジェクト
  • ・大手素材メーカー コーポレートガバナンス・役員報酬制度設計
  • ・大手電機メーカー 次期役員選抜アセスメント・役員報酬制度設計
  • ・大手消費財メーカー グローバル役員報酬制度設計・合意形成支援
  • ・大手人材サービス グローバル役員報酬制度アドバイザリー 他多数
今の仕事のやりがい・醍醐味は何ですか?
昨今、コーポレートガバナンスがホットな経営課題として取り上げられ、大変取組み甲斐のあるテーマになっています。 これまで経営陣の人事運用を聖域化・ガラパゴス化させてきた日本企業は、環境変化に合わせて経営陣の役割・責任を再定義したうえで、インセンティブを再設計し、将来の経営人材確保に取り組む、という進化論の定石に立ち戻り、今後の経営の舵取りを再考する段階に入っている、と私は考えます。
さらに、海外プラクティスと同期を取って、海外企業との人材競争に伍せる仕組みを整備することも喫緊の課題です。これら企業の行く末に大きな影響を与える重要なテーマに、自分なりの考えを持ち、課題解決の一端を担えることが、この仕事の最大の醍醐味です。

また、コーポレートガバナンス領域のプロジェクトの多くでは、CEO、CHRO、および社外役員との合意形成が必要になります。この点にも非常にやりがいを感じるとともに、コーポレートガバナンス領域に関する専門性・課題認識の精度を常に高め続けられなければ、クライアントの期待に応えられない、という緊張感を持っています。
マーサーでのキャリアの中で最も印象に残っているプロジェクトについて教えてください?
マーサー入社後に関わった案件では毎回課題が異なり、また、その企業が直面する難題に取り組む必要があり、そのどれもがエキサイティングでした。その中でも特に印象に残っているのはある役員報酬制度設計のプロジェクトでの経験です。その会社では、事業構造を見直し、再成長に向けた組織再編を進めていく中で、コーポレートガバナンス・役員報酬のあり方を同時に見直す必要に迫られていました。

業績の改善・向上のため、経営陣に対してどのような役割・責任を設定すべきか。また、再成長に向けて必要なケイパビリティを補強する意味合いから、経営陣の報酬水準をどのように設定すべきか。どのような業績指標に対して、どういった仕組みのインセンティブを与えれば、経営目標の達成に対して十分な動機付けが可能となるのか。”役員”を“経営のプロフェッショナル”と捉え直し、ResponsibilityとReturnを再定義すべく、あらゆる側面から改革を行いました。

この案件で特に苦労した点は、様々なステークホルダーとの合意形成でした。執行の責任者たる社長、株主・投資家の利益を代表し欧米の慣行・事例にも精通した社外委員、OBである元社長、といった面々からのフィードバックを咀嚼し、制度を最終化することは非常に骨が折れるものでした。しかしこの案件が終了し、対外的な公表が行われた後には、先進的な取組みとして各種メディアから取り上げられ、株主・投資家からも好意的に捉えられていることが分かりました。もちろん本当の意味での改革の成果は今後明らかになるところですが、コーポレートガバナンスの領域で企業を支援することの社会的なインパクトを改めて感じました。
なぜ数多ある職場の中からマーサーを選択されたのですか?
私は、多くの日本企業におけるガバナンス・インセンティブの欠如、排他的な企業文化が、共同体的な“馴れ合い”に繋がり、パフォーマンスの低迷に大きく影響してきたのではないか、という仮説を持っています。そういった組織・人事に関する本質的な課題にリーチし、クライアントとともにその解決にチャレンジできる場所は、広く企業を見渡しても多くありません。 グローバルのナレッジやプラクティスを活用し、また時に海外オフィスの優秀なコンサルタントと協働し、望ましいソリューションを模索できるマーサーは私にとってBest Placeです。
新卒採用の候補者に向けて一言
マーサーでは、組織・人の分野で積極的に課題を見つけられる方であれば、活躍の機会に困りません。これまで何らかの形で人や組織のマネジメントについて考えてこられた方だけでなく、何かテーマをもって研究や勉強に取り組んでこられた方にも、とてもフィットすると思います。少しでも同じような思いを共有頂けそうな方には是非マーサーのドアをノックして頂き、協働したいと思います! お待ちしています!

コンサルタント紹介