コンサルタント紹介 -栄 立土志 | マーサージャパン

コンサルタント紹介 - 栄 立土志

コンサルタント紹介 - 栄 立土志

  • Profile
  • 略歴
  • ・外資系コンサルティング会社を経て、マーサージャパンに参画 新卒以来、一貫して組織・人事コンサルティングに従事
  • ・上智大学文学部史学科卒業
  • Main Focus
  • 主担当領域
  • ・経営課題解決のための組織・人事変革
  • ・日本企業のコーポレート・ガバナンス、役員報酬に関する課題解決の支援
  • Projects
  • プロジェクト
  • ・大手総合商社 人事制度改定支援
  • ・大手サービス企業 新社設立に伴う統合に伴う人事制度設計支援
  • ・大手製造業 役員報酬制度設計・合意形成支援 他多数
今の仕事のやりがい・醍醐味は何ですか?
マーサーのクライアント企業は、グローバルでの競争力を高めようと、様々な課題に取り組んでいらっしゃいます。そのようなクライアントと協働し、期待値を満たす(超える)価値を提供し続けることによってクライアント企業の成長を支援できることを、やりがいに感じています。

日々のプロジェクトワークでも醍醐味を感じる場面があります。プロジェクトにはクライアント側からも様々な立場(部門・役位)の方が参加されます。そのため、クライアント内でも課題の捉え方、課題の優先順位付けなどが異なり、時には利害関係が発生することも珍しくありません。そういった前提を踏まえた上で、「意思決定を促す」ことをマーサーのひとつの役割と捉え、「いかに物事を前に進めるか」という視点で、資料作成やプレゼンテーションを行うことも多くあります。単なるソリューションの切り売りでなく、個々のクライアントに"刺さる"アウトプットを出すことは大変ではありますが、それが結実した際には、達成感があります。
マーサーでのキャリアの中で最も印象に残っているプロジェクトについて教えてください?
大手サービス業の、新子会社設立に伴う人事制度設計プロジェクトが印象に残っています。既存子会社2社の統合によって設立される新社は、グループ内における戦略的子会社として位置付けられ、新たなビジネスモデルを確立することを目指していました。

プロジェクトのゴールは、その新社のビジョンや戦略を実現するための、あるべき組織・人材マネジメントのイメージを具現・具体化し、それを組織体制や人事制度という形に落とし込むことでした。

このプロジェクトで、マーサーは2つの価値を提供したと考えています。1つは、クライアントのビジネスサイドの役員層と、会社として「やりたいこと、実現したいこと」ができる仕組みになっているか?という観点で徹底的に議論を行ったうえで、イメージを具体的な仕組み(組織体制や人事制度)へと落とし込み、プロジェクトのゴールを達成したこと。もう1つは、旧2社それぞれの制度から新制度への移行を検討する段階において、労務やコスト等の様々な観点からリスクを洗い出すなど緻密な分析を通じて最適な解決策を提示し、スムーズな移行プランを作ったことです。
なぜ数多ある職場の中からマーサーを選択されたのですか?
上の事例にあるように、マーサーの特長は、「経営的な観点から課題を捉え、解決に導く力」と「組織・人事領域における高い専門性・ケイパビリティ」だと思います。この特長を活かしたサービスを提供することに関して、マーサーには国内外において圧倒的な実績があり、また幸いなことに多くのクライアント企業から、その価値を評価して頂いています。そのため、何か困ったことがあれば、「まずはマーサーに相談しよう」とお考えいただくことが多く、会社としても個人としても、チャレンジングでエキサイティングな案件に関わるチャンスが拡がっていることは魅力に感じています。その分、クライアントからの期待値も高くなり、大変なプレッシャーがかかることも事実ですが(笑)。
新卒採用の候補者に向けて一言
新卒で組織・人事の世界に足を踏み入れることに躊躇されている方も多いと思います。しかし、マーサーはあくまでも「経営コンサルティングファーム」ですので、幅広いジェネラルなスキルを習得することができます。もちろん、組織・人事の専門性を高めることも可能です。現時点でのキャリアの志向性に関わらず、様々なことにチャレンジしたいという意欲さえあれば、ご自身の市場価値をいくらでも高めることができる環境だと思います。

マーサーのビジネスに興味を持っていただいた方、成長できる環境に魅力を感じて頂いた方、ご応募をお待ちしています!

コンサルタント紹介