コンサルタント紹介 - 土井口 司 | マーサージャパン

コンサルタント紹介 - 土井口 司

  • Profile
  • 略歴
  • ・大手製造業にて人事業務を経験し、マーサージャパンに参画
  • ・京都大学法学部卒業
  • Main Focus
  • 主担当領域
  • ・企業合併における人事制度統合の支援
  • ・国内/海外における報酬制度設計の支援
  • Projects
  • プロジェクト
  • ・大手医療機器メーカー 人事制度統合の支援
  • ・大手小売業 企業合併における人事デューデリジェンスの支援
  • ・大手製造業 海外経営幹部報酬制度の設計
  • ・大手製造業 海外報酬ガイドライン整備 等
今の仕事のやりがい・醍醐味は何ですか?
マーサーでの仕事に取り組むことによって、人事の専門性が磨かれると共に、これからの人事に求められるものを考えることができることが、今の仕事のやりがいです。

私の中で人事の役割は、2種類あると思っています。1つは従業員目線で、安心して仕事に取り組んでもらい、仕事へのやりがいを感じてもらえるように働きかけること。もう1つは、経営者目線で、事業を推進するためにどの様に人的資源を管理し配分していくべきか、ということです。相対的に日本の人事は後者の事業戦略のパートナーという面が弱いと言われていますが、当社での仕事では経営・事業戦略に基づいてプロジェクトが進捗するため、貴重な経験ができることを楽しく感じています。

また、様々なプロジェクトにおいて、人事のあるべき姿が多彩な面で語られますので、当社での経験を通じて、自分なりの人事像を検討できるのも仕事の醍醐味です。今はまだ模索中ですが、これからの人事に求められる考え方やスキルを明確にし、将来的に日本の人事の変革や育成に携わっていきたいと思っています。
マーサーでのキャリアの中で最も印象に残っているプロジェクトについて教えてください?
会社合併後の人事制度を立案するプロジェクトが、最も印象に残っています。コンサルタントになって初期の案件でしたので、「従来の仕事のやり方から見直すべきことは何か?新しい環境で必要な考え方やスキルは何か?」を再構築すると同時に、「今まで培ってきたもので大切にしなければならないものは何か?」を再認識することができたと感じています。

1点目について、語弊があることを承知で書きますと、今までは「どれだけ効率よく仕事を捌くことができるか」という面が、自分の求められている役割だったように思います。一方で現職では「どれだけクライアントに対し良いサービスを提供できるか、突き詰めて考えること」に役割がシフトしたと感じています。転職した際はこの役割の変化に戸惑っていましたが、提供する品質にとことん拘るマネージャーにレビューを受けることで、少しずつ自分を見直すことができたように感じます。

2点目の、自分の培ってきたものを再認識した点は、人事として社員と直接向き合ってきた経験をこれからも大切にしようと思ったことです。当プロジェクトにおける私の仕事は両社の制度を比較し、望ましい制度の移行方法を検討するというものでした。
その会社には住宅手当や家族手当など、様々な手当が存在していたのですが、ある手当については、実際に支給されている社員がほとんどいませんでした。そのため、「手当の対象者が限定的であるため、制度廃止」と案を書いてマネージャーにレビューをお願いしたことがあります。しかし、「適用されているのが少数だからといって、乱暴ではないか?この制度が適用されている社員に対し、『あなたしか適用されていませんから廃止します』と面と向かって伝えられるのか?」と言われたのを強く覚えています。定量的な数値に目を奪われ、社員と向き合う苦労を忘れていました。実際に運用する人事の視点と、制度が適用される社員の視点。自分が大切にしなければならないものを再認識し、自分の中で、前職の人事の経験を、新しい人事コンサルタントの仕事へと橋渡しできたと感じています。
なぜ数多ある職場の中からマーサーを選択されたのですか?
マーサーを選択した理由は、1)人事という視点を自分のキャリアで大切にしていきたかった、2)海外案件などグローバルに活躍できる舞台に立ちたかったという2点です。

数あるコンサルの中でも、マーサーの様に組織や人事を全面に打ち出している企業は稀だと思います。そこに特化した立ち位置というものが、人事をライフワークにしていきたいと思い描く自分のキャリアに合致していたように感じています。

2点目に関連しますが、海外の最先端の知見が集まるところに魅力を感じています。クライアントの海外マネジメントへのご支援に携われることは勿論のこと、マーサー内部でも海外の人事情報やベストプラクティスが盛んに共有されています。そういった知見に触れることで、自分の考え方や価値観を広げることができていますので、大変楽しく感じています。入社して改めて思いますが、当社ほど人事における海外の知見が集積されている組織はないと思います。
新卒採用の候補者に向けて一言
自分が何に向いているのか悩まれている方がいらっしゃれば、「働いている内に、好きな事が見つかるよ」というのが僭越ながら私のメッセージです。就職活動中の自分を振り返ると、自分が何に向いているのか悩んでいましたし、「今の仕事を本当にしたかった?」と聞かれると答えに窮するのが本音です。人事の仕事の中身や、業界を知らなかったというのが正しいかもしれません(笑)

そんな自分も、分からないことを調べる、それを少しでも仕事に活かすというループを繰り返していく内に、人事を好きになってきたように感じます。そういう意味で、「人や組織」に興味がある方は勿論のこと、「人事はよく分からんけど、なんか面白そう」という方にもこの業界に飛び込んできてもらいたいと思っています。

私もコンサルタントとしてまだ足を踏み入れたという程度でしかありませんので、一緒に挑戦していける仲間が増えることを楽しみにしています!

コンサルタント紹介