大塚 史訓
略歴
  • ・インフラ/不動産業の人事部・営業企画部を経て、マーサージャパンへ参画
  • ・一橋大学商学部卒業
主担当領域
  • ・役割主義に基づく人事制度・組織変革の支援
  • ・タレントマネジメントの支援
これまで経験したプロジェクト
  • ・大手機械メーカーの人事制度設計
  • ・大手消費財メーカーのコンピテンシー改訂
  • ・大手グローバル飲料メーカーの報酬制度設計
  • ・総合商社の役員報酬設計 など
MORNING

10:00

グローバルで行われるトレーニングセッションへ参加

マーサー海外オフィスのコンサルタントを講師に招いて開催される研修へ参加。組織・人事に関するグローバルのプラクティスや最先端の事例から知見を得られる非常に有意義な機会です。

仕事を進めるうえで
普段心がけていること


「経営資源としてのヒト、心を持った人」
経営視点の高い視座で思考することはコンサルタントには不可欠です。その一方で、人事施策は社員一人ひとりの生活に大きな影響を及ぼす可能性がありますので、従業員の視点で考えることも強く意識しています。
「自分の世界を狭めない」
自分の興味・関心のある領域に熱中していると、良くも悪くも自分の世界が狭く深まっていきます。プライベート含めて、意識的に様々な人や物事と接することで、バランスを取るよう心がけています。

12:30

ランチ

同僚と一緒に、会社のコモンスペースで昼食。カフェのようなコミュニティスペースであるコモンスペースは、同僚とのインフォーマルなコミュニケーションの場、ちょっとした息抜きの場として活用しています。

AFTER NOON

14:00

クライント企業の事業リーダーへインタビュー

現在参画しているプロジェクトのクライアントオフィスを訪問し、事業リーダーへインタビューを実施。ミッションや事業計画、それらの達成のために必要な人材の要件、組織・人事上の課題などについてのインプットを得ます。

17:00

インタビューまとめ資料を作成

クライアント先からオフィスへ戻り、インタビュー内容をまとめ、次回のクライアントとの打ち合わせに向けた資料を作成。インタビューから得られたファクトから、どのような示唆を導き出すかに価値が問われます。

20:00

退社

同僚コンサルタントと始めたバンドの練習に向かうため、オフィスをあとに。仕事中は左脳をフル回転させるので、右脳を使ってリフレッシュします。同僚には多趣味な人が多く、プライベートでも刺激を受けています。