インベストメント・セミナー 京都 2014

04 July - 04 July 2014  Japan, 京都

|

  • 概要

    今年の京都インベストメント・セミナーでは、企業年金のお客様の間で最近ご関心の高い、目的別ポートフォリオ管理と、インフラストラクチャー投資について取り上げて参ります。

    「安定資産」と「収益追求資産」による目的別ポートフォリオ管理がひろがっている背景には、どのような要因があるのでしょうか。どのようなお客様にとっても有効なアプローチなのでしょうか。
    成熟化や確定給付年金制度の縮小、運用環境の好転などで給付超過に転じる制度も増えていますが、同じように考えてよいのでしょうか。さまざまな資産配分管理の考え方を紹介してまいります。

    また、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の投資開始の発表等もあり、インフラストラクチャー投資への注目が集まっています。 インフラストラクチャー投資への取り組みにあたり、この資産特有の低流動性や投資期間の長さをどのように整理すべきか、検討してまいります。

    いずれか一題のみのご参加もお気軽にご検討ください。お待ちいたしております。




    開催要項

    日時: 2014年7月4日(金) 14:30-17:15 (14:00-受付開始)
     
    会場: メルパルク京都 会議室3 【梅】 [メルパルク京都 6階]
    京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
    JR京都駅 烏丸中央口 徒歩1分


     
    受講対象: 企業年金・金融機関等の資産運用担当者
     
    定員: 20名程度
     
    参加費: 無料
     


  • プログラム

    14:00  受付

    14:30-15:45  さまざまな資産配分管理の考え方
    安定資産と収益追求資産による「目的別ポートフォリオ管理」を導入されたという話を聞く機会が増えてきました。このアプローチは、従来の「資産別管理」となにが違うのでしょうか。どんなお客様にも有効なアプローチなのでしょうか。目的別ポートフォリオ管理の特徴について考えるとともに、そのほかのさまざまな手法についても紹介して参ります。

    15:45-16:00  休憩

    16:00-17:15  インフラストラクチャー投資の課題と実践
    年金積立金管理運用独立行政法人 (GPIF) が投資開始を発表する等、インフラ投資への注目が集まっていますが、その一方で低い流動性、長期にわたる投資期間といった特性が投資家にとってハードルとなるケースも見受けられます。インフラ投資を取り組むに当たって、これらの課題をどのように整理し、検討すべきかを見て参ります。

    17:30-  懇親会




     ※いずれか一題のみのご参加でも、お気軽にお申し込みください。


  • 講師

    今井 俊夫(いまい としお)
    資産運用コンサルティング シニア・コンサルタント
    日本の年金スポンサーに対する運用戦略策定、実行に関するコンサルティング業務に従事。公的年金の資産配分策定支援や公益財団法人の資産運用コンサルティングにも実績。
    マーサー入社以前は、大和総研にて、金利派生商品を中心とした金融工学研究とその応用技術開発に従事の後、同社年金事業本部に移り運用機関調査および運用コンサルティング業務に従事。

    東京大学大学院理学系研究科修了
    日本証券アナリスト協会検定会員
    星野 実(ほしの まこと)
    資産運用コンサルティング シニア・コンサルタント
    日本の年金スポンサーやその他の機関投資家に対する運用コンサルティング業務に従事。
    マーサー入社以前は日本債券信用銀行にて株式のアナリストやファンド・マネジャーを務めた他、ウエリントン・インターナショナル・マネージメント及びドイチェ・アセット・マネジメントにて年金スポンサーへの資産運用の提案を行う。

    慶応義塾大学経済学部卒
    日本証券アナリスト協会検定会員
  • お問合せ

    ご不明な点は、下記までご遠慮なくお問い合わせください。
    マーサー ジャパン 資産運用コンサルティング
    investment.japan@mercer.com


  • タイトル: インベストメント・セミナー 京都 2014

  • 開催日: 04 7月 2014

  • 開催場所: 京都, Japan

コンタクト情報