【シンガポール開催】上昇を続ける『従業員福利厚生保険コスト』への対応 - 「グローバル企業の対処法」・「現地最新動向」のご紹介

18 July - 20 July 2016  Singapore, Singapore

|

  • 概要

    世界的なヘルスケアコスト上昇の中で、ASEAN における従業員福利厚生保険コストも驚くべきペースで上がり続けております。健康保険を中心とする福利厚生保険の良し悪しは、従業員の定着や満足度に直結する一方、ビジネスサイドからのコストコントロール要請もあり、「どう対処すればよいのか?」という幹部の皆様の声も少なくないものと想像します。

    本セミナーでは、ASEANやシンガポールの福利厚生保険を巡る現状とともに、現地における対処法や、多国籍企業ならではの先端ソリューションをご紹介します。

    「従業員の保険は現地担当者に任せている」という企業様も多いかと思いますが、日本人幹部として押さえるべき視点や勘所を醸成頂く機会となれば幸甚です。


    日時
    • 2016年7月18日(月) 15:00 - 17:00 (受付 14:45-)
    • 2016年7月20日(水) 9:30 - 11:30 (受付 9:15-)
    • ※ 両日ともに同じ内容ですので、いずれかにご参加下さい
    アジェンダ
    7月18日(月) 7月20日(水) 内容 (両日共通)
    14:45 – 15:00 9:15 – 9:30 受付
    15:00 – 15:10 9:30 – 9:40 オープニング
    15:10 – 16:50 9:40 – 11:20 プレゼンテーション: 「上昇を続ける『従業員福利厚生保険コスト』への対応」

    • 世界とASEANにおける福利厚生保険コストの動向
    • なぜ今、福利厚生保険の最適化か?
    • 多国籍企業が用いるソリューションと具体的効果
    • 在シンガポール企業の一般的な福利厚生保険内容と最適化手法
    16:50 – 17:00 11:20 – 11:30 質疑応答
      ※ プレゼンテーションは日本語で行います
      ※ 両日ともに同じ内容ですので、いずれかにご参加下さい
    場所
    Mercer Singapore
    8 Marina View | #09-08 Asia Square Tower 1
    費用
    無料 (事前お申込制)
    定員
    各30名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
    対象
    日系企業現地法人の日本人幹部・マネジャーの皆様
    ※ 「保険実務に踏み込むことはないが、保険会社や制度内容の選定や決裁には関わる」方向けに、日本人幹部・マネジャーとして押さえておきたいポイントを解説します 
    ※ 弊社と同種・類似のサービスを提供されている企業様のお申込はご遠慮いただいております
     
    講師
     
    石田 実
    石田 実(いしだ みのる)
    マーサーマーシュベネフィッツ シニアマネージャー
    1988年日本生命保険相互会社入社。米国での団体保険・401(k)プラン販売、国際企業提携、国内法人営業企画等の業務に従事。2005年ジブラルタ生命保険株式会社入社。新規事業企画、企業・団体提携、小学校・幼稚園での金銭教育 セミナー講師等を担当。2014年7月より現職。
    東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒。
     

    お問い合わせ

    ご不明の点等ございましたら、下記までお問い合わせください


    マーサー ジャパン株式会社 クライアント サービス部門


    TEL
    +81 (0) 3 5354 1673 / 1564
    E-mail
  • タイトル: 【シンガポール開催】上昇を続ける『従業員福利厚生保険コスト』への対応 - 「グローバル企業の対処法」・「現地最新動向」のご紹介

  • 開催日: 18 7月 2016

  • 開催場所: 東京

コンタクト情報