上昇を続ける「海外現法従業員福利厚生保険コスト」への対応 - セミナー・イベント | マーサージャパン

上昇を続ける「海外現法従業員福利厚生保険コスト」への対応 - セミナー・イベント | マーサージャパン

【リーダーズセッション追加開催】上昇を続ける「海外現法従業員福利厚生保険コスト」への対応

27 April - 27 April 2016  Japan, 東京

  • 概要
    • 2月26日に開催した「マーサー・マネジメント・フォーラム2016」では、定員数を超えるお申込みをいただき、盛況のうちに終了いたしました。 この度、同フォーラムでご提供した内容のうち、テーマ別セッション「上昇を続ける『海外現法従業員福利厚生保険コスト』への対応」を時間を拡大して追加開催いたします。

      グローバル展開に伴い、海外従業員向け福利厚生保険コストも増大しています。(海外従業員1万人の場合、20 - 30億円)。
      日本企業は「各国の保険は現地に任せており、内容まで把握していない」ケースが大半でしたが、海外に数千名以上を擁する場合、「運営指針の策定」、「保険購買プロセスの最適化」、「国際プーリング制度の導入」により、億円単位のコスト節減を期待できます'欧米多国籍企業は既に広く導入済)。
      本セミナーでは、海外福利厚生保険の最新マネジメント手法を、基本スキーム、導入ステップ、費用対効果のイメージ等を盛り込みつつ、具体的にご説明いたします。

      最大8名の少人数制により、質疑応答もよりしやすくなっております。是非この機会をご活用ください。

      [2月26日開催マーサー・マネジメント・フォーラムの使用スライドより抜粋]

      日時
      2016年4月27日(水) 15:30 - 17:00 (受付開始 15:15)
      場所
      マーサー会議室 (東京オペラシティータワー37階)
      東京都新宿区西新宿3-20-2
      京王新線「初台駅」東口 直結
       
      費用
      無料
      定員
      8名
      対象
      グローバル化に取り組む日本企業の人事・経営企画・財務リーダーの皆様
      ※同業種・同業務と事務局が判断する場合は、お断りさせていただく場合がございます
       
      講師

       

      柳沼 芳恵
      柳沼 芳恵(やぎぬま よしえ)
      保健・福利厚生コンサルティング / Mercer Marsh Benefits シニアコンサルタント
      日系生保・米系、英系保険ブローカーを経て現職。福利厚生制度のコンサルタントとして、外資系企業向けのマーケット比較、 補償水準の提案、福利厚生制度設計、ならびに日系企業向けの海外保険マネジメント、国際プーリング制度のコンサルティング業務等、国内外のプロジェクトを幅広く担当している。
      東京大学文学部 社会心理学科卒業
       

      お問い合わせ

      ご不明の点等ございましたら、下記までお問い合わせください。

      マーサー ジャパン株式会社 クライアントサービス部門

      E-mail