マーサー年金運用スモール・セミナー

12 January - 13 January 2017  Japan, 東京

|

  • 概要

    本セミナーは終了いたしました


    当セミナーは、幅広い企業年金・年金基金の皆様とマーサーの継続的な学習とコミュニケーションを目的としたもので、1回あたりの参加人数を10名様未満程度に限定し、参加される方々とマーサーのコンサルタントとの間のコミュニケーションを重視する内容です。

    今回は2つのテーマをご用意致しました。第1回は「オルタナティブ・ポートフォリオの構築」、第2回は「伝統的なパッシブ運用の再考(初級編)」と題して、検討・議論を展開していきます。各回は「一話完結」が基本ですので、ご関心の回のみご参加でも結構です。

    各回の内容につきましては、下記「プログラム詳細」をご参照ください。


    日時

    第1
    1月12日(木) 15:00 - 16:30
     
    第2
    1月13日(金) 15:00 - 16:30
     

    ※いずれも、14:45 開場いたします
    ※ご関心の回のみでもご参加いただけます

    場所

    マーサー会議室 (東京オペラシティータワー37階)
    東京都新宿区西新宿3-20-2
    京王新線「初台駅」東口 直結

    費用

    無料

    定員

    各回10名

    対象

    関東地区の企業年金/年金基金の資産運用のご担当者様

    プログラム詳細

    第1回 - オルタナティブ・ポートフォリオの構築

     
    日時
    1月12日(木) 15:00 - 16:30
    概要
    最近、低金利ゆえ年金資産の収益力が落ちてきている中、オルタナティブへの配分(増額)を検討される事例が増えていますが、一言で”オルタナティブ”と言っても、対象市場や投資手法は様々であり、この管理は容易ではありません。年金資産運用にとって、オルタナティブ・ポートフォリオが主要な収益源泉へと変わってゆくにつれ、この構築・管理手法をどのように改善・拡充してゆくことが望ましいか、議論します。

    第2回 - 伝統的なパッシブ運用の再考(初級編)

     
    日時
    1月13日(金) 15:00 - 16:30
    概要
    企業年金運用において出発点・基礎となりうるのは国内外の債券と株式のパッシブ(時価総額加重指数連動)運用ですが、その非効率性に着目したアクティブ運用も広く採用されています。今回は時価総額加重指数に連動した運用が指示される背景とその課題について基本的な内容を整理した上で、株式・債券のそれぞれでさまざまな手法(ファクター(スマートβ)投資、ジャッジメンタルアクティブ運用)を取り上げ、収益の確保を狙うためどのような示唆があるのか考えていきます。
     

    お問い合わせ

    ご不明な点等ございましたら、下記までお問い合わせ下さい


    マーサー ジャパン株式会社 資産運用コンサルティング部門


  • タイトル: マーサー年金運用スモール・セミナー 2017

  • 開催日: 12 1月 2017

  • 開催場所: 東京, Japan

コンタクト情報