【フィリピン開催】MERCERアジア人事セミナー 組織の人材力を最大限に活用するために | マーサージャパン

【フィリピン開催】MERCERアジア人事セミナー 組織の人材力を最大限に活用するために ~人材アセスメント、育成、サクセッション~

【フィリピン開催】MERCERアジア人事セミナー 組織の人材力を最大限に活用するために ~人材アセスメント、育成、サクセッション~

25 October - 26 October 2018  Philippines, Manila

  • 概要
    • フィリピンを含むアジア地域の多くの日系企業では、人材の短期流出や現地化推進、後継者不足などの問題を抱えています。その解決のために、中長期的な視点から、特にローカル人材の中から次世代のリーダとなる優秀な人材を選出して(アセスメント)、育成し、最終的に拠点のマネジメントポジションに据えて行く(サクセッション)一連のサイクルを仕組として回していくことの重要性が増しています。

      本セミナーではこのサイクルを取り入れて組織の人材力を最大限に活用するための手法について、弊社のサーベイ結果や事例紹介を交えつつご説明いたします。また、フィリピンにおける従業員エンゲージメントの最新トレンドのご紹介等も予定しております。

      プレゼンテーションは、同内容を
      • ・10月25日(木)は日本語(第一部)・英語(第二部)
      • ・10月26日(金)は英語(第一部・第二部とも)
      にて行いますので、日系企業の日本人経営陣の方々だけでなく、人事マネジメントに日々取り組まれている現地マネジャーの方々にもご参加頂けます。

      なお、両日とも配布資料は第一部は日本語および英語、第二部は英語でご用意しております。

       

      プログラム

      I. プレゼンテーション
      ・第一部
      1. 組織の人材力を最大限に活用するために~人材アセスメント、育成、サクセッション~
      2. 1.イントロダクション
      3. 2.人材市場で今何が起きているのか?
      4. 3.次世代リーダーを育てるためのステップ
      5. 4.事例紹介
      6. -講師:宮寺 宏器 (MERCER / JAPANESE BUSINESS ADVISORY / プリンシパル)
      ・第二部
      1. フィリピンにおける従業員エンゲージメント
      2. 1.従業員エンゲージメントとは?
      3. 2.フィリピンにおける従業員エンゲージメント
      4. 3.従業員の組織への積極的な貢献を促すために
      5. -講師:ホセ・ヴィンセント・タヤグ (MERCER PHILIPPINES / コンサルタント)
      II. 質疑応答及びネットワーキング

      日時

      2018年10月25日(木) 15:00 - 17:00 (14:30受付開始)
      2018年10月26日(金) 15:00 - 17:00 (14:30受付開始)

      場所

      Mercer Phillippines Office meeting room
      20/F Net Lima Building, 5th Ave corner
      26th street, Bonifacio Global City, Taguig City, 1634

      参加費

      無料 (事前お申込制)

      定員

      各回20名

      対象者

      在比日系企業現地法人の幹部・マネジャーの皆様 (ローカルの方の参加もお待ちしております。日程により言語が異なる点にご注意願います。)
      ※ 弊社と同種・類似のサービスを提供されている方のお申し込みはご遠慮頂いております

      お申込

      お問い合わせ

      Mercer ASIA  海外日本企業アドバイザリーサービス

      講師

      宮寺 宏器
      宮寺 宏器
      Principal, Japanese Business Advisory, Mercer (Singapore)
      総合商社、米系証券投資銀行部門、アジア系PEファンドを経て現職。
      日系企業の海外企業買収や海外進出におけるHR領域の支援を専門とする。海外企業買収案件ではHRデューディリジェンス、経営陣のリテンション、ガバナンスの設計、PMI (買収後の統合)、HR機能の 立上げ等、幅広い支援を日系企業の視点から提供。2016年よりシンガポールオフィスに移り、ASEAN・香港・台湾の日系企業を支援するMercer Asia JBA(Japanese Business Advisory)を立上げ、マーサーの各種サービス・ソリューションの提供をリードしている。
      PEファンドでは国内外における買収対象企業のデュー・ディリジェンス、事業戦略・計画分析、投資を実施。投資銀行部門ではゼネラルインダストリーグループにて食品・飲料・医薬業界を担当、フィナンシャルアドバイザーとして業界再編を視野にした大手企業の統合や統合後の事業再構築における子会社の売却等を含めたM&Aをサポート。総合商社では酒類原料取引を統括、日米合弁会社の立ち上げを担当。
      東京外国語大学外国語学部卒、ダートマス大学経営学修士(MBA)修了
       
      ホセ・ヴィンセント・タヤグ
      ホセ・ヴィンセント・タヤグ
      Consultant, Career, Mercer (Philippins)
      マーサーフィリピンのコンサルタントとして、フィリピンをはじめとするASEANマーケット各国の多くの企業を担当、幅広い業種をカバーしている。報酬・福利厚生、パフォーマンスマネジメント、コンピテンシーフレームワーク設計、職務分析・評価、組織開発などの領域における、重要課題の解決を支援。また、トレーニングのファシリテーター、HRフォーラムにおけるスピーカーとしても頻繁に活躍。事業会社およびコンサルティングファームにおけるHRの経験年数は20年以上。
      マーサー以前はフィリピン・マニラにて、消費財、銀行、アウトソーシング(BPO)、情報技術、不動産、小売の各業界の人事管理者として、報酬マネジメント・設計、職務評価、パフォーマンスマネジメント、労使関係マネジメント(労働協約に関する交渉を含む)などの業務に従事。
      アテネオ・デ・マニラ大学心理学部卒(心理学専攻)