【香港開催】Mercer/NixonPeabodyCWL/JAC Recruitment共催「M&A成功の秘訣」 | マーサージャパン

【香港開催】Mercer/ Nixon Peabody CWL / JAC Recruitment共催セミナー「香港におけるM&A成功の秘訣」

【香港開催】Mercer/ Nixon Peabody CWL / JAC Recruitment共催セミナー「香港におけるM&A成功の秘訣」

28 November - 29 November 2018  Hong Kong, HongKong

  • 概要
    • 経済産業省「我が国企業による海外M&A研究会」による情報発信にもみられる通り、海外M&Aがより一般的になるなかで、取引のクローズのみならず、買収後の成果を重要視する傾向も高まっています。

      そのような中、特に法務・人事領域は、精査や対応を誤ると買収時のリスクに加え、長期に亘る問題を抱えてしまい、所期の買収効果が得られないといった事態につながりかねないことから、一層の注目を集めています。

      本セミナーでは、法務 (Nixon Peabody CWL) / 人事 (MERCER) それぞれの立場から、特に香港におけるM&Aの課題と解決策について、実際の事例を交えご説明いたします。

      M&Aを通じた価値創出に取り組まれている皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

      プログラム

      9:30
      イントロダクション
       
      9:40 - 10:40
      第一部
      1. 香港におけるM&A成功の秘訣~組織人事の観点から
      2. 1.M&Aにおける組織人事課題概要
      3. 2.香港のM&A組織人事課題
      4. 3.人事制度統合・組織統合へのアプローチ
      5. 4.日系企業による香港でのM&A事例
      6. - 講師:宮寺 宏器・上原 和子 (MERCER)
       
      10:40 - 10:45
      休憩
       
      10:45 - 11:30
      第二部
      1. 香港におけるM&A関連法務の重要ポイント
      2. 1.香港での法令とM&Aプラクティス
      3. 2.M&Aにおける法的手順
      4. 3.日本企業による香港でのM&A事例
      5. - 講師:Katherine Chan (Nixon Peabody CWL)
       
      11:30 - 11:45
      質疑応答・名刺交換
       
      ※ プレゼンテーション・資料の言語は第1部 日本語・第2部 英語となります。各部間の入退場が可能です。

      日時

      2018年11月28日(水) 9:30 - 11:45 (9:15受付開始)
      2018年11月29日(木) 9:30 - 11:45 (9:15受付開始)

      場所

      Mercer Hong Kongオフィス
      18 Harbour Road 26-27/F,Central Plaza Wanchai Hong Kong

      参加費

      無料 (事前お申込制)

      定員

      各回20名

      対象者

      ・事業会社にてM&Aに携わる(又はこれから携わる)マネジメント、経営企画部、事業戦略部、人事部等の方
      ・投資銀行やM&Aアドバイザー等、アドバイザーとしてM&Aに携わる方
      ※ 弊社と同種・類似のサービスを提供されている方のお申し込みはご遠慮頂いております

      お申込

      お問い合わせ

      Mercer ASIA  海外日本企業アドバイザリーサービス

      講師

      宮寺 宏器
      宮寺 宏器
      MERCER ジャパニーズビジネスアドバイザリー、プリンシパル
      総合商社、米系証券投資銀行部門、アジア系PEファンドを経て現職。
      日系企業の海外企業買収や海外進出におけるHR領域の支援を専門とする。海外企業買収案件ではHRデューディリジェンス、経営陣のリテンション、ガバナンスの設計、PMI (買収後の統合)、HR機能の 立上げ等、幅広い支援を日系企業の視点から提供。2016年よりシンガポールオフィスに移り、ASEAN・香港・台湾の日系企業を支援するMercer Asia JBA(Japanese Business Advisory)を立上げ、マーサーの各種サービス・ソリューションの提供をリードしている。
      PEファンドでは国内外における買収対象企業のデュー・ディリジェンス、事業戦略・計画分析、投資を実施。投資銀行部門ではゼネラルインダストリーグループにて食品・飲料・医薬業界を担当、フィナンシャルアドバイザーとして業界再編を視野とする大手企業の統合や統合後の事業再構築における子会社の売却等を含めたM&Aをサポート。総合商社では酒類原料取引を統括、日米合弁会社の立ち上げを担当。
      東京外国語大学外国語学部卒、ダートマス大学経営学修士(MBA)修了。
       
      上原 和子
      上原 和子
      MERCER ジャパニーズビジネスアドバイザリー、シニアコンサルタント
      外資系人事コンサルティングファームを経て現職。 中国・香港を中心に、アジアパシフィック及び欧州における多国籍企業の組織・人事全般の複数のプロジェクトに参画。
      クロスボーダーM&AにおけるPost-Close/PMI及びジョイントベンチャー立ち上げにおける組織・人事制度の設計等幅広い案件のアドバイザリーを提供。担当した業界は、アパレル、家電メーカー、消費財、物流、医薬業界等。
      また、組織・等級・報酬・評価制度の設計・導入支援、異動制度設計に関する豊富なコンサルティング経験を持つ。
      中央大学経済学部卒。
       
       
      Katherine Chan
      Katherine Chan
      Nixon Peabody CWL 弁護士(香港法)
      コーポレートファイナンス、プライベート・エクイティ(PE)、M&A取引における幅広い経験を有し、特に事業法人・クロスボーダー取引の領域で活躍。また、クライアントにおける特別目的事業体(SPV)、投資ファンドの設立や、その他のコンプライアンス事案を多数サポート。
      日本企業に対する様々な取引や企業コンプライアンス上のアドバイス経験は10年以上に亘る。
      香港大学(B.A. with First-class honors, MPhil, PCLL)、マンチェスター・メトロポリタン大学(B.Law)修了。