【Webセミナー】(米国)現地健康保険制度:日本企業の課題と最新コロナ事情

5 November 2020  Japan, 東京

|

  • セミナーの詳細はこちらをクリックしてください


    米国 現地従業員の健康保険内容・コストを把握されていますか?

    日本本社からすると現地従業員向けの健康保険は少し遠い話に感じるかもしれませんが、現地従業員が100名以上の場合は毎年億円単位のコストが発生しており、かつ自然体で値上がりされているのが実態です。

    日本と異なり、国民皆保険制度を整備していない米国においては、企業が従業員へ提供する健康保険は総報酬の一角として、採用・定着・エンゲージメント向上において不可欠な人事施策です。
    一方で、制度内容が日本と大きく異なることから、複雑化して仕組みが分かりにくいという声が日本本社から多くあります。

    また、先般の新型コロナウイルスによって、現地従業員の健康がこれまで以上に重要視されており、企業における健康維持・促進の重要度が増しています。

    本セミナーでは、制度が異なる米国において、日本企業の課題および本社として押さえておくべきポイントを、コスト抑制施策を含めた最新の事例を交えつつご説明いたします。

    プログラム

    • 日本と米国の健康保険制度の違い
    • 日系多国籍企業の課題
    • コロナ禍における米国の現状および今後の見解
    • 本社として把握すべきポイント

    日時

    2020年11月5日(木) 14:00-15:30(満席)
    ※Zoom開催

    参加費

    無料

    定員

    500名

    対象者

    海外を所管とする経営企画、人事、財務ご担当者

    ※弊社と同種・類似のサービスを提供されている企業様のお申込みはご遠慮頂いております。悪しからずご了承くださいますようお願い申し上げます。

    お申込

    お問い合わせ

    ご不明な点等ございましたら、下記までお問い合わせください。 

    マーサージャパン株式会社 保健・福利厚生コンサルティング部門

    講師

    荒井 靖也
    荒井 靖也(あらい やすなり)
    保健・福利厚生コンサルティング マーサー マーシュ ベネフィッツ コンサルタント

    マーサー保健・福利厚生コンサルティング部門において、日系企業の海外福利厚生保険制度マネジメントを支援。各国の福利厚生保険制度に精通しており、これまでに重機械工業、半導体、食品、電機・精密機械など多くの業界でのコンサルティング経験を持ち、国際プーリング制度の活用も含めたマネジメント枠組みの合意形成やコスト管理枠組み構築を数多く手がけている。
    国際基督教大学 教養学部卒業
     
お問い合わせ