日本企業のM&Aによる事業再編とHRトランスフォーメーション

12 March 2020  Japan, 東京

新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、本セミナーの開催を中止させていただきます。
すでに参加申込みいただいた方へは、順次メール・電話などでお知らせいたします。

|

  • セミナー概要詳細はこちらをクリックしてください

    グローバル化、デジタル・IOT化、技術革新等により、日本大手企業は、その存在意義を問われているといっても過言ではない。
    近年の大手電機企業による社会インフラサービス企業への転換、今後想定される自動車製造業のモビリティサービス・プロバイダーへのトランスフォーメーションの動き、金融業界における異業種とのマッチングを通じた新規ビジネス創出が、それを象徴している。
    今後、大規模な事業再編は、業界の垣根を越えて急速に拡大する可能性がある。

    企業の存続のため、大規模な事業・機能の切り離しと新たな経営資源の獲得が必須となるが、そこで重要になるのが組織・人材のマネジメントである。
    特に日本企業は終身雇用慣行が依然として強く残り、事業・機能再編にともなう組織・人材面のネガティブインパクトは無視できない。また新たな経営資源を獲得しても、シナジーを発揮できるか否かは組織・人材にかかっている。

    本セミナーでは、日本企業の直面する環境変化と事業構造変革を再確認するとともに、大規模な事業・機能再編を成功に導くため、取り組むべき課題を明らかにするとともに、実践編では事例を交えて課題解決のポイントについて紹介したい。

    プログラム

    1. 日本企業の直面する事業・機能再編の必要性
    • 日本企業の事業・機能の再編を促すドライバー
    • 電機、製薬企業の初期失敗事例とそこから得る学び
    • 事業・機能再編における日本企業特有のボトルネックとしての「雇用のあり方」
    • 課題解決のアプローチ概観
     
    2. 実践的な課題解決のポイント解説編
    • 事業・機能再編における組織・人事のポイント
    • 事業・機能再編に必要な組織能力・スキル
    • 事業・機能再編に対応しうるHRトランスフォーメーション

    日時

    2020年3月12日(木) 15:00 - 17:30 (受付開始 14:45)(中止)

    場所

    マーサージャパン株式会社:会議室(東京ミッドタウン16階)
    東京都港区赤坂9-7-1
     

    参加費

    無料

    定員

    30名

    対象者

    経営企画部および人事部においてグループ事業再編やM&Aを管掌されているご担当者様
    ※弊社と同種・類似のサービスを提供されている企業様のお申込みはご遠慮頂いております。悪しからずご了承くださいますようお願い申し上げます。

    お問い合わせ

    マーサー ジャパン株式会社 グローバルM&Aコンサルティング

     

    講師


    鳥居 弘也
    鳥居 弘也(とりい ひろや)
    グローバルM&Aコンサルティング プリンシパル

    銀行系総合研究所および会計系コンサルティング会社(ビッグ4)の組織・人事コンサルティング部門を経て現職。
    M&Aにおける人事デューデリジェンスおよび企業買収、経営統合にともなう組織・人事面の総合的な支援を、2002年からコア領域として位置づけ、豊富な経験を有する。
    東京都立大学(現首都大学東京)法学部卒業。
     
    猪瀬 行広
    猪瀬 行広(いのせ ゆきひろ)
    グローバルM&Aコンサルティング シニアコンサルタント

    医薬品メーカー人事部、外資電子機器メーカー人事部、大手会計総合コンサルティングファーム等を経て、マーサージャパンに入社。
    M&A・組織再編時における組織・人事デューデリジェンスからPMIまでの支援を数多く行っている。特に、合併時の組織・人事PMIの支援や会社分割・事業譲渡による事業の切り出し後の立ち上げ支援を得意とする。また、人事制度、要員・人件費コントロール、退職給付制度など組織・人事分野における豊富な経験を有する。
    青山学院大学 経営学部卒業
     
お問い合わせ