人事が押さえておきたい海外赴任前・赴任中研修設定のポイント

25 June 2021  Japan, 東京

|

  • セミナーの詳細はこちらをクリックしてください


    企業において、海外人材の育成と配置のあり方について関心が高まっています。

    人事部門で赴任前研修として異文化研修や語学研修等の設定はあるものの、人や組織に関する知識を得る機会がないまま赴任して、現地での採用・評価・報酬といった人事管理や組織運営、ローカルスタッフとのコミュニケーションにおいて苦労するケースが多く存在します。

    本セミナーでは、海外赴任者が直面する人事・組織に関する課題に触れながら、海外赴任前・赴任中研修にご活用いただける教育プログラム”Mercer HR Academy”についてご説明します。
    意見交換セッションでは、海外赴任者教育に関する各社の取り組み状況や問題認識を共有できる機会を提供します。

     

    ※海外赴任前・赴任中研修にご活用いただける研修プログラム(Mercer HR Academy)の詳細はこちら

    プログラム

    • ・日本企業からの海外赴任者が直面する現状と課題
    • ・海外赴任前・赴任中研修に活用できる、海外赴任者向け教育プログラム(Mercer HR Academy)の概要
    • ・質疑応答、意見交換セッション

    日時

    6月25日(金) 11:00 - 11:50  
     
    ※ Zoom開催

    参加費

    無料

    対象者

    海外派遣を行っている企業の人事責任者および担当者

    ※弊社と同種・類似のサービスを提供されている企業の方、また、法人に所属されていない個人の方のお申込みは、ご遠慮いただいております

    お申込

     

    お問い合わせ

    ご不明の点等ございましたら、下記までお問い合わせください。

    マーサージャパン株式会社 プロダクト・ソリューションズ部門

    講師

    内村 幸司
    内村 幸司 (うちむら こうじ)
    プロダクトソリューションズ部門 シニアプリンシパル グローバルモビリティプラクティス日本代表
    国籍を問わず 人材の最適活用・育成を目指す「グローバルモビリティ」に主眼を置き、海外派遣に関するグローバルポリシーの策定、報酬・福利厚生制度共通プラットフォームの設計・導入・運用支援他、グローバル人材マネジメントに関する幅広いプロジェクトを数多くリード。
    マーサーチャイナ日系企業支援チーム代表(上海駐在)の経験も活かし、海外で事業を展開・拡大している日系多国籍企業を数多く支援。日系大手精密機器メーカー(香港・広州駐在を含む)を経て現職。
     
    倉持 歳弘
    倉持 歳弘 (くらもち としひろ)
    プロダクト・ソリューションズ部門 プリンシパル

    日系半導体商社、グローバルリサーチ会社でのソリューション提案を経て現職。
    マーサーの強みでもあるデータベースを基にした、グローバルな報酬水準の妥当性検証、グローバルグレーディング導入支援、グローバルな報酬制度設計支援等のコンサルティングプロジェクトに従事。
     
    増渕 匡平
    増渕 匡平 (ますぶち きょうへい)
    プロダクト・ソリューションズ部門 シニア プリンシパル

    日系証券会社での営業部門、人事部門を経て現職。 世界最大規模の給与・福利厚生に関する総報酬データを始めとして、人事データベースやITツールなどマーサーのグローバルネットワークを活かしたインフォメーションサービスを提供している。
     
お問い合わせ