本当に使えるJob Description構築アプローチ

~未完の傑作にしないコツ~

 

概要

日本国内においてジョブ型雇用の議論も深まる中、ジョブディスクリプション(Job Description 以下JD)を作成するニーズが高まっています。一方でJD作成の目的や用途は各社によって異なり、本当に使えるJDを作成するのは難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

 

  • JD策定を始めたものの、いつまでも完成しない
  • 作成がゴールになってしまい、活用されない
  • 自社の職務定義なのに自社で内製できない

上記のような課題に対し、本セミナーでは実際にJD作成を支援しているコンサルタントより具体的なJD構築のアプローチ方法や活用方法を解説することで、自社でJDを作成するための一助となる情報を提供させていただきます。

また、マーサーではジョブディスクリプションの雛型として”JD Suite”を販売しております。
こちらはマーサーで保有する約24,000種類のジョブに対する標準的な職務記述・コンピテンシーをまとめたジョブディスクリプション(Job Description)のカタログです。

JD Suiteご紹介

本セミナーではJD Suiteの特徴や活用事例もご紹介いたします。

 

 

プログラム

  1. 人事制度トレンド ~ジョブ型雇用
  2. JD構築のアプローチ
  3. JD Suitesの特徴・活用

 

対象者

・JD作成に携わる人事責任者やご担当者の方
・将来的にJD作成を検討している人事責任者やご担当者の方
※弊社と同種・類似のサービスを提供されている企業様のお申込みはご遠慮頂いております。悪しからずご了承くださいますようお願い申し上げます。
※企業向けセミナーのため、会社メールアドレスでのご登録、ご参加をお願いします。フリーアドレスでのご登録はご遠慮くださいますようお願いいたします。

 

 

 

日時 
2022年7月26日(火)
14:00-15:00(終了)

 

参加費
無料

 

定員
500名

 

開催方法
オンライン (Zoom開催)

 

 

講師

米澤 元彦

 

米澤 元彦 (よねざわ もとひこ)
組織・人事変革コンサルティング部門 シニアマネージャー

幅広い業界の日系・外資系企業及び公的機関に対して、人事戦略策定・制度設計・運用支援、パフォーマンスマネジメント、グローバル人材マネジメント、M&Aに伴う人事制度統合、役員報酬・ガバナンス制度設計、60歳以上シニア社員の制度設計、人事機能強化、組織強化、サクセッションプランニング、リーダーシップ開発等の様々な領域のプロジェクトをリードした経験を有する。
特に、事業・労働環境が変革する中で、従業員一人ひとりが行動変革を促進し創出する価値を最大化するための報酬・パフォーマンスマネジメントの構築の支援に関して圧倒的な経験を保有し、近年はジョブ型雇用を含む人材マネジメントシステムの刷新、雇用延長に伴う報酬制度改革、グローバル報酬ガバナンスの設計・導入に関するアドバイザリーを多くリード。
マーサーの組織人事コンサルタントとして10年超の経験を持ち、職務評価・報酬ベンチマーキングのサービスに関するコンサルティングアプローチを統括。
東京工業大学大学院社会理工学研究科修了

松田 拓也

 

松田 拓也 (まつだ たくや)
プロダクト・ソリューションズ部門 プリンシパル

日系グローバル企業のリレーションシップマネージャーとして、マーサーの報酬データを元にグローバル報酬ガバナンス、駐在員制度、ジョブ型人事制度など多く支援。人事サービス会社でアメリカ・中国での勤務を含む営業マネジメント・グローバル事業企画を経て現職。

 

お問い合わせ

ご不明な点等ございましたら、下記までお問い合わせください。

マーサージャパン株式会社 プロダクト・ソリューションズ部門
E-mail: is.seminar.japan@mercer.com