【新講座】海外赴任者向け研修

マネジメントに必要な基礎スキルを身に付ける

 

概要

マーサーではこの度、海外赴任者向けのeラーニングプログラムの提供を開始しました。
海外赴任者の悩みの根本には、海外と日本における人材マネジメントの差異が挙げられます。異文化への対応、という言葉では片づけられない、グローバル型人材マネジメントの基本を学ぶことは、赴任者はもちろん、グローバル化が進む日本企業において今後必須といえます。
本セミナーでは、マーサーが提供する海外赴任者向けプログラムの概要や特徴、どのようなことが身に付けられるのかご紹介します。

 

<このような方におすすめです>

  • 自社で新しい海外派遣が予定されている企業の方
  • 赴任中・赴任前研修を探している人事部の方
  • 現在管理者として海外赴任中の方

 

<海外赴任者向けeラーニングプログラムの構成>

  • 海外における労働市場・人材マネジメント~「ジョブ型雇用」に代表される海外の人材マネジメントの実情を理解する
  • ジョブディスクリプション~海外の管理者における必須スキル、組織設計・採用・評価の前提となるJDの作成
  • 管理者としての報酬マネジメント~特定職種の報酬高騰や職種別の報酬水準等の特異性を意識した管理の仕方を学ぶ
  • 採用から配置までの人材フロー管理者の責任である、採用・報酬設定・配置
  • リテンションと代謝フロー~短中期雇用が中心の海外では、優秀人材の引き留め(リテンション)と低業績者の代謝は管理者の重要な役目であることを理解する
  • 目標設定と業績評価~海外では、より明示的なパフォーマンスへの評価が重要であることを理解する
  • フィードバック~海外では、被評価者へのフィードバックは管理者の重要な役割

 

マーサーのeラーニングプログラム「Mercer College」

 

 

対象者

・企業の人事ご担当者様
・事業部にて経営管理やマネジメント業務に携わる方
・現在海外赴任中または赴任予定の方
※弊社と同種・類似のサービスを提供されている企業の方、また、法人に所属されていない個人の方のお申込みは、ご遠慮いただいております

 

 

 

日時 
2022年8月23日(火)
14:00-14:30

 

参加費
無料

 

定員
500名

 

開催方法
オンライン (Zoom開催)

 

 

講師

倉持 歳弘

 

倉持 歳弘(くらもち としひろ)
プロダクト・ソリューションズ部門 プリンシパル

日系半導体商社、グローバルリサーチ会社でのソリューション提案を経て現職。
マーサーの強みでもあるデータベースを基にした、グローバルな報酬水準の妥当性検証、グローバルグレーディング導入支援、グローバルな報酬制度設計支援等のコンサルティングプロジェクトに従事。

親松 健太

 

親松 健太(おやまつ けんた)
プロダクト・ソリューションズ部門 マネージャー

マーサーの報酬・福利厚生データ、ベンチマークレポートの提供を通じて、幅広い業界の日系・外資系企業の報酬競争力の確保や人材市場におけるタレント獲得を支援。
人材採用支援サービス会社での営業マネジメント、人材育成・組織開発系コンサルティングファームでのコンサルタント・研修講師を経て現職。

 

お問い合わせ

ご不明な点等ございましたら、下記までお問い合わせください。

マーサージャパン株式会社 プロダクト・ソリューションズ部門
E-mail: is.seminar.japan@mercer.com