マーサージャパン、オリックスが企業年金ビジネスで業務提携

プレスルーム

マーサージャパン、オリックスが企業年金ビジネスで業務提携

  • 15-February-2010
  • 日本, 東京

マーサージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、社長:古森 剛、以下「マーサージャパン」)およびオリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:梁瀬 行雄、以下「オリックス」)は企業年金ビジネス推進における業務協定を締結し、本日よりサービスを開始いたします。

今回の提携により、お客さまの企業年金制度の設立、制度移行に関して、マーサージャパンが確定給付企業年金制度における毎年の財政検証業務や財政再計算業務を行い、オリックスは掛金額の計算、従業員に支給することとなる年金額や一時金額の計算補助など、制度管理業務を行います。



これにより、マーサージャパンは外資系コンサルティング・ファームとして日本で初めて制度設計、会計計算、財政計算といった年金制度運営に関する包括的なサービス提供が可能となります。一方、オリックスは、これまで積極的に展開をしていなかった外資系企業を対象に、受託件数の拡大が見込めます。

2012年3月31日に廃止となる適格退職年金制度を、現在も継続している企業は、全国で25,441社、約348万人1といわれ、新たな制度となる確定給付企業年金や確定拠出年金、中小企業退職金共済制度などへの移行、または解約の手続きを行う必要があります。制度廃止に向けたお客さまの移行ニーズに迅速に対応すべく、マーサージャパン、オリックスは今後も展開をはかってまいります。

1) 2009年5月、社団法人信託協会発表資料による。

 

ご参考:(2009年9月末時点)

マーサージャパン株式会社
本 社:東京都新宿区西新宿3丁目20番2 東京オペラシティタワー37階
代 表:古森 剛
従業員:日本オフィス:約160名 グローバル:19,000名
資本金:4億88百万円

マーサーは世界40カ国以上、約180都市において、コンサルティング、アウトソーシング、インベストメント分野で25,000社以上のクライアントに サービスを提供するグローバル・コンサルティング・ファームです。日本においては、30余年の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対し、人事・組織関連の幅広いサービス提供を行っています。>

オリックス株式会社(グループ連結)
本 社:東京都港区芝4丁目1番23号
代 表:梁瀬 行雄
従業員:18,348人
資本金:1,438億99百万円

オリックスの企業年金ビジネスは、2002年8月に厚生労働大臣から政令指定法人第26号に指定されて以降、厚生年金基金および確定給付企業年金の業務委託を受けています。2009年9月末現在、80,801名の企業年金を事務管理しています。


本件に関するお問い合わせ

マーサージャパン株式会社
広報:小原
Tel: 03 6775 6639

オリックス株式会社
広報:内田
Tel: 03 5419 5102

お問合せ