給与・福利厚生に関する市場調査「Total Remuneration Survey」 2013年度レポートを発表

プレスルーム

マーサー 給与・福利厚生に関する市場調査 「Total Remuneration Survey(TRS)」 2013年度レポートを発表

  • 06-December-2013
  • 日本, 東京

世界最大級の人事・組織コンサルティング会社マーサーの日本法人であるマーサー ジャパン株式会社は、グローバル共通の手法で構成された日本市場の報酬調査「Total Remuneration Survey (TRS)」レポートをリリースした。

「Total Remuneration Survey (TRS)」は、マーサーが様々な産業より参加企業を募り毎年実施しているもので、本年度の調査では、参加企業が前年より54社増加し、史上最多の461社であった。参加企業数・データ数ともに、日本の報酬調査では圧倒的な規模となる。
参加企業の報酬データの回収や集計・分析を、第三者であるマーサーが、ジョブマッチングやポジションクラスなど、独自の手法により行うことで、各社のデータが個々に特定されることなくレポート化される。海外の企業では非常に一般的に実施されている調査であり、報酬設定の基礎データとして活用されている。

本調査の結果から下記のような傾向が明らかとなった:

  • ベンチマーク対象市場が従来の全産業からより特定産業へシフト
  • 報酬レベルの上下幅は拡がりを見せており、特に上層部でその傾向が強い
  • 組織長に対して昇給率凍結をした企業数は2012年比で増加
  • 2014年4月の消費税増税に対する昇給率の動きは見られない
  • 営業の管理職は絶対数として減少している
  • 管理職・専門職は全レベルで男性が女性よりも報酬水準が高いが、一般職では逆転現象が起こる

本調査を活用することにより、企業は以下のような施策・分析が実現可能となる:

  • 競合を意識した報酬制度設計
  • 職務内容・レベルに応じた報酬制度設計
  • レポートとして提供される昇給率、変動賞与、雇用動向、新卒の初任給など、多様なマクロ経済情報分析
  • 役員報酬の妥当性
  • 社内等級と報酬の関連づけ
  • 固定報酬と変動報酬の構成比率設計

今回のサーベイより日本企業を1産業として切り出し、日本市場特有のタイトルやポジションも追加することで、日本企業がよりデータを活用しやすいような仕様環境に変更した。
昨今日本企業からの報酬調査に関する問い合わせは急増しており、マーサージャパンは今後積極的に日本企業の報酬サーベイへの参加を促していく。
報酬サーベイを確認する目的は様々だが、参加型サーベイという性格上、参加企業の数、規模、業種やマッチングするポジションによって結果は異なるため、ベンチマークをする際には十分留意する必要がある。

アベノミクスの影響により、今後ベアや昇給率がどれだけ影響を受けるのか、日本企業と外資系企業との比較、ポジション・レベルごとの報酬体系の検証など、企業は複眼的に市場を検証することが重要である。




給与・福利厚生に関する市場調査 「Total Remuneration Survey (TRS)」について
http://www.mercer.co.jp/about-mercer/lines-of-business/information-solutions/total-remuneration-survey.html 



<参考資料>

給与・福利厚生に関する市場調査 「Total Remuneration Survey (TRS)」調査結果レポート:サンプル

参加企業内訳
 


マクロ経済情報
 

昇給率
 

ポジションごとの報酬データ
 

長期インセンティブ情報
 

調査手法
報酬調査とは、参加企業が自社の報酬データを提供し合うことにより成立する調査です。
データの回収や集計・分析を、第三者であるマーサーがジョブマッチングや、ポジションクラスなど独自の手法により行うことで、各社のデータが個々に特定されることなくレポート化されます。
海外の企業では非常に一般的に実施されている調査であり、報酬設定の基礎データとして活用されています。

報酬構成
マーサーでは報酬をその構成要素に分解し、Comp1(月額基本給x12ヶ月+固定賞与)からComp5(年間総報酬)までを定義しています。
各種分析に適切な報酬の定義をご利用いただくことが出来ます。
 

データ分析ツール
調査のアウトプットは、ウェブツール(Mercer WIN®)を使用してオンラインでご覧頂けます。
膨大な紙文書を扱う必要がなく、調査結果を迅速に入手可能です。
マーサーが作成した全般的な調査レポートに加え、任意の条件でのデータ抽出が可能です。
任意に指定した特定の企業群や、売り上げ、従業員数等によりマーケットを絞り込んだ分析が可能です。

マーサーサーベイの2つの手法:
「ジョブマッチング」と「IPEポジションクラス」
 
 

マーサー報酬サーベイでは大きく分けて2つの切り口がある 
・ジョブを基にした切り口
 マーサーのベンチマーク・ポジション(ジョブ)記述書を用い、各ポジションの役割内容と記述書の役割内容を照し合せてジョブ・マッチングを行い、比較・評価する

・ポジションクラスを基にした切り口
 マーサーの役割評価ツールであるInternational Position Evaluation (IPE) システムを用い、各ポジションの役割の大きさをポジションクラスとして算出し、比較・評価する
 

「Total Remuneration Survey (TRS)」に関するお問い合わせ、サーベイ参加申し込みは下記までご連絡ください:
マーサージャパン株式会社
インフォメーション・ソリューションズ部門
Tel: 03 5354 1426
TRS.japan@mercer.com

 


 

マーサーについて
マーサーは、組織・人事、福利厚生、年金、資産運用分野でサービスを提供するグローバル・コンサルティング・ファームです。全世界約20,000名のスタッ フが40カ国以上約180都市の拠点をベースに、140カ国以上で、25,000超のクライアント企業のパートナーとして多様な課題に取り組み、最適なソ リューションを総合的に提供しています。

日本においては、35年余の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対するサービス提供を行っています。組織変 革、人事制度構築、福利厚生・退職給付制度構築、M&Aアドバイザリー・サービス、グローバル人材マネジメント基盤構築、給与データサービス、年 金数理、年金資産運用など、「人・組織」を基盤とした幅広いコンサルティング・サービスを提供しています。

マーサーは、ニューヨーク、シカゴ、ロンドン証券取引所に上場している、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ(証券コード: MMC)グループの一員です。

マーサーについての詳細は、以下をご参照ください
マーサー ジャパン http://www.mercer.co.jp
Mercer(Global) http://www.mercer.com



マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズについて
マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ (ニューヨーク証券取引所コード: MMC)はグローバルプロフェッショナルサービスを提供する企業グループとして、顧客企業にリスク、戦略、人材分野の助言とソリューションを提供しています。
マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズはマーシュ(保険仲介とリスクマネジメント)、ガイカーペンター(再保険仲介・コンサルティング)、マーサー(組織・人事マネジメント・コンサルティング)、そしてオリバーワイマン(戦略コンサルティング)から構成されており、年間総収入110億米ドル超、全世界に53,000名の従業員を擁し、100ヶ国以上で顧客に分析、アドバイスを行い、各種取引を支援しています。
当グループは責任ある企業市民として事業展開しているコミュニティに貢献しています。詳しい企業情報については www.mmc.com、今日企業が直面する課題に取り組む当グループの国際的な実務能力とソリューションについては www.PartneringImpact.comをご覧ください。

 




本件に関するお問い合わせ
マーサー ジャパン株式会社 
広報 小原 香恋 Karen Ohara
Tel: 03-5354-1674
pr.japan@mercer.com 

インフォメーション・ソリューションズ部門 サーベイ・チーム
Tel: 03 5354 1426
trs.japan@mercer.com
http://www.mercer.co.jp/about-mercer/lines-of-business/information-solutions.html 

 

お問合せ