マーサージャパンと日本マイクロソフト、 AIを活用した人事コンサルティングにおいて協業 - プレスルーム | マーサージャパン

プレスルーム

マーサージャパンと日本マイクロソフト、AIを活用した人事コンサルティングにおいて協業

  • 2017年6月22日
  • 日本, 東京
Office 365 の MyAnalytics を活用した働き方改革コンサルティング・サービスを提供開始

 

マーサージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鴨居達哉、以下マーサージャパン)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野拓也、以下日本マイクロソフト)は、マイクロソフトのAIを活用した人事コンサルティングにおいて協業します。本協業により、マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」の「MyAnalytics」※1を活用した、コンサルティング・サービス「働き方改革 AI業務改善支援サービス」を本日より提供開始します。

日本マイクロソフトでは、社員の働き方の質の改善を目的とし、マーサージャパンの協力のもと、2016年末から4か月間、MyAnalytics を活用した社内検証プロジェクトを実施しました。MyAnalytics により、会議やメールなどに費やしている時間を見える化したデータを分析し、実施部門で合計3,579時間の無駄な時間を削減し、より付加価値の高い働き方の実現に向けて改善する結果※2となりました。

マーサージャパンは世界最大級の組織・人事コンサルティング会社であるマーサーの日本法人であり、豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対して長年、組織・人事変革、業務改革関連のコンサルティング・サービス提供を行ってきました。

上記の MyAnalytics 社内検証の結果を受け、組織・人事コンサルティング分野で働き方改革を支援するマーサージャパンと、働き方改革をテクノロジーで支援する日本マイクロソフトが協業する運びとなりました。両社の協働により、働き方改革における労働時間の管理と、生産性と業務効率の向上という、2つの観点を融合した業務改善の支援が可能となります。

生産性向上を優先する動きは急速に進んでおり、特に不確実性の高いビジネス環境においては不可欠となっている。 コンファレンス・ボードの調査によれば、生産性の増加は、実質的な純営業余剰の伸びと関連している可能性がある。(図2参照)

「働き方改革 AI業務改善支援サービス」は、3か月のコンサルティング期間内に、Office 365 の MyAnalytics を使用した「働き方の見える化」によって、業務における会議時間、メール時間、集中時間を分析し、業務効率と生産性の向上に向けた業務改善を提案するサービスで、マーサージャパンから提供されます。マーサージャパンは、業務改革、人事コンサルティングの観点より本サービスの導入を推進します。日本マイクロソフトは、ICTを働き方改革にどう活用できるかという観点で、Office 365 の法人向け最上位プラン「Office 365 Enterprise E5」の導入済もしくは導入を検討されているお客様に MyAnalytics の活用を含めたコンサルティングである本サービスの導入を推進します。

マーサージャパンと日本マイクロソフトは、本協業により年間約50社へのサービス提供を目指します。人事コンサルティングとICT活用を融合し、お客様の働き方改革における生産性と業務効率の向上を支援いたします。

*1:MyAnalyticsは、2015年12月に提供開始された Office 365 の法人向け最上位プラン「Office 365 Enterprise E5」に搭載されている機能で、Office 365 ベースとした「ワークスタイルビッグデータ」による、働き方のデータを分析し、AIを活用した気づきを個人に提供します。会議やメールなどに費やしている時間を見える化し、社員自身が、AIを使って働き方を振り変えることで無駄な時間をなくしたり、コラボレーションを活性化して、付加価値の高い働き方を実現することをサポートします。
*2:2016年12月から2017年4月までの4か月間、日本マイクロソフトの4部門41名を対象に MyAnalytics を活用した社内検証プロジェクトを実施しました。社内検証の結果、ファイナンス部門では、MyAnalyticsの分析・AIによるアドバイスなどをベースに、会議時間が27%削減されました。4部門(マーケティング、営業、ファイナンス、人事)合計では、4か月間で3,579時間の時間削減となりました。これは、日本マイクロソフトと同規模の2,000名の会社として、一般的な企業の平均賃金として残業代換算すると、年間7億円分の残業代削減に値するものです。

 

日本マイクロソフト MyAnalyticsを使った社内検証プロジェクト結果
www.mercer.co.jp/our-thinking/career-consulting/workstyle-change-pilot-project-report.html

 


働き方改革コンサルティング・サービス概要

サービス名
働き方改革 AI業務改善支援サービス
提供開始日
2017年6月22日
概要
3か月のコンサルティング期間内に、Office 365 の MyAnalytics の使用した働き方の見える化によって、業務における会議時間、メール時間、集中時間を分析し、業務効率と生産性の向上に向けた業務改善を提案するサービスです。 基本プランご提供内容:
  1. Office 365 Enterprise E5 の3か月利用ライセンス
  2. Office 365 Enterprise E5 の社内導入支援(Office 365 パートナーの連携)
  3. MyAnalytics を使用した働き方の見える化分析(会議時間、メール時間、集中時間)と働き方の分析による業務改善提案
    ※Office 365 Enterprise E5 ご利用中のお客様は、上記1、2の費用がないプランとなります。

 


マーサーについて

マーサー(英語社名:Mercer、本社: ニューヨーク、社長兼CEO:Julio A. Portalatin)は、組織・人事、福利厚生、年金、資産運用分野におけるサービスを提供するグローバル・コンサルティング・ファームです。

全世界約21,000名のスタッフが40カ国以上約180都市の拠点をベースに、140カ国以上で、28,000超のクライアント企業のパートナーとして多様な課題に取り組み、最適なソリューションを総合的に提供しています。

日本においては、35年余の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対するサービス提供を行っています。組織変革、人事制度構築、福利厚生・退職給付制度構築、M&Aアドバイザリー・サービス、グローバル人材マネジメント基盤構築、給与データサービス、年金数理、資産運用に関するサポートなど、「人・組織」を基盤とした幅広いコンサルティング・サービスを提供しています。

マーサーは、ニューヨーク、シカゴ、ロンドン証券取引所に上場している、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ(証券コード: MMC)グループの一員です。 マーサーについての詳細は、以下をご参照ください:

マーサー ジャパン ウェブサイト
Mercer(Global) ウェブサイト

日本マイクロソフト株式会社について

日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト& クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。

* Microsoft、Office 365 は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

本件に関するお問い合わせ

マーサージャパン株式会社

担当:
広報 小原 香恋
電話:
03 6775 6639
Fax:
03 6775 6501
ホームページ:
住所:
〒107-6216 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー

 

日本マイクロソフト株式会社

担当:
コーポレートコミュニケーション本部 巽
電話:
03 4535 8055 (部門代表)
Fax:
03 3472 7853
公式Twitter:
@mskkpr
住所:
〒108-0075 東京都港区港南2-16-3 品川グランドセントラルタワー
お問合せ