マーサーとモーニングスターが提携、革新的な投資リサーチ・プラットフォームを提供 - ニュースルーム | マーサージャパン

マーサーとモーニングスターが提携、革新的な投資リサーチ・プラットフォームを提供

マーサーとモーニングスターが提携、革新的な投資リサーチ・プラットフォームを提供

  • 2018年10月11日
  • ニューヨーク, 東京

新たな提携により、グローバルな投資データ、リサーチおよび分析のための強力で包括的なデジタルプラットフォームを導入

組織・人事、資産運用、福利厚生におけるサービスを提供するグローバル・コンサルティング・ファームであり、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ (NYSE: MMC) の100%子会社であるマーサーと、独立系投資リサーチ大手プロバイダーのモーニングスター(NASDAQ: MORN)は、投資家およびアドバイザーに、機関投資家向け運用機関データ、パフォーマンス分析および定性的リサーチのための単一のグローバル・デジタル・プラットフォームを提供する提携を発表しました。この新たな提携により、マーサーのグローバルな機関投資家向け運用機関リサーチ・データと、モーニングスターのオープンエンド型投資信託、上場投資信託、ラップ口座、インデックスをカバーする独自のリサーチ・データが統合されます。

マーサーのウェルス部門のグローバル・プレジデントであるリッチ・ヌザムは以下のように述べています。「投資家とアドバイザーは、機関投資家向け運用戦略のリサーチおよびデータを得るための包括的なリソースを持っていません。モーニングスターと協働することで、投資家とアドバイザーに投資機会やコストに関する豊富で深い知見を与えることができ、彼らがより良い投資判断を行える機会を提供することができます。」「モーニングスターと提携したのは、同社がファイナンシャル・アドバイザーが求めるニーズの変化を理解しているからです。モーニングスターとの提携により、業界に新たなレベルの透明性と知見をもたらし、アドバイザーとウェルスマネジャー(個人向け資産運用サービスを提供する金融機関)がお客様に総合的なソリューションを提供する上でのお手伝いができるようになります。」

マーサーとモーニングスターの総合的なビジネスインテリジェンスと知的資本は、グローバルな運用機関データやパフォーマンス分析、定性的リサーチ、戦略的リサーチ、投資家動向に関する情報、ファンドデータに適用される人工知能(AI)の強力な情報源となります。

「モーニングスターは金融専門家にサービスを提供する35年の歴史を持ち、投資家に最良の結果をもたらすよう務めています。我々は、運用機関、資産運用コンサルタント、およびウェルスマネジャーが、戦略とシェアクラスのレベルで包括的で将来性のある定性リサーチのソリューションを見つけるために、いかに苦労しているかを見てきました。」とモーニングスターの最高商品責任者であるトリシア・ロスチャイルドは語っています。「マーサーとの提携を決断したのは、こうしたギャップを埋めるためにグローバルなソリューションを開発し、アドバイザー、運用機関、そして資産運用コンサルタントが意思決定に専念し、また最終投資家により良い成果をもたらす新たな投資オプションを創出できるようにするためです。」

機関投資家、コンサルタント、運用機関、ファイナンシャル・アドバイザーは、MorningstarDirect™を通じて新しいグローバルデータとリサーチにアクセスすることが可能になります。マーサーとモーニングスターは、MercerInsightに格納された機関投資家向け戦略に関するリサーチとデータをMorningstar Directにマッピングし、戦略、ビークルデータ、分析の間にシームレスなリンクを作り出します。この新サービスは地域毎に展開され、まず2019年初頭に米国で開始される予定です。


当リリースは2018年10月2日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています。
https://www.mercer.com/newsroom/mercer-and-morningstar-form-alliance-to-deliver-innovative-investment-research-platform.html


マーサーについて

マーサー(英語社名:Mercer、本社: ニューヨーク、社長兼CEO:Julio Portalatin) は、組織・人事、福利厚生、年金、資産運用分野におけるサービスを提供するグローバル・コンサルティング・ファームです。

全世界約23,000名のスタッフが44ヵ国、約180都市の拠点をベースに、130ヵ国以上でクライアント企業のパートナーとして多様な課題に取り組み、最適なソリューションを総合的に提供しています。

日本においては、40年の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対するサービス提供(を行っています。組織変革、人事制度構築、福利厚生・退職給付制度構築、M&Aアドバイザリー・サービス、グローバル人材マネジメント基盤構築、給与データサービス、年金数理、資産運用に関するサポートなど、「人・組織」を基盤とした幅広いコンサルティング・サービスを提供しています。

マーサーは、ニューヨーク、シカゴ、ロンドン証券取引所に上場している、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ(証券コード: MMC)グループの一員です。 マーサーについての詳細は、以下をご参照ください:

マーサー ジャパン ウェブサイト
Mercer(Global) ウェブサイト

モーニングスターについて

モーニングスターは、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアにおける独立系投資リサーチの大手プロバイダーです。個人投資家、ファイナンシャル・アドバイザー、アセットマネージャー、退職プランプロバイダーおよびスポンサー、ならびに民間資本市場の機関投資家向けに幅広い製品とサービスを提供しています。
モーニングスターは、整備された投資商品、上場企業、民間資本市場、リアルタイムなグローバル市場データなど、幅広い投資商品に関するデータと調査の洞察を提供しています。また、投資顧問子会社を通じた投資管理サービスも提供しており、2018年6月30日現在、助言および運用の対象となる資産は2,030億ドルを超えています。同社は27カ国に事業を展開しています。

上記のモーニングスターの独立投資リサーチおよび定性リサーチの参考文献は、モーニングスターのリサーチグループ(Morningstar Research Services LLCとその他のモーニングスターの様々な完全子会社で構成されている)によって提供されています。

 

本件に関するお問い合わせ

マーサージャパン株式会社
広報
Tel: 03 6775 6639 pr.japan@mercer.com

お問合せ