マーサー、IRRIサーベイのESG投資コンサルティング分野ランキング1位 - プレスリリース | マーサージャパン

マーサー、IRRIサーベイのESG投資コンサルティング分野ランキング1位 - 会社、個人両部門で受賞

マーサー、IRRIサーベイのESG投資コンサルティング分野ランキング1位 - 会社、個人両部門で受賞

  • 2018年5月18日
  • グローバル・日本, ニューヨーク・東京

グローバル・コンサルティング会社であるマーサーは、責任投資に関する調査であるIRRIサーベイ2017 (Independent Research in Responsible Investment Survey) において、グローバル責任投資部門が評価され、持続可能な責任投資のカテゴリーで資産運用コンサルティング会社として1位となったことを発表した。また、同カテゴリーの個人部門上位20名に、マーサー在籍のコンサルタント6名がランクインした。IRRIサーベイが責任投資コンサルタントのランキングを発表したのは今回が初である。

受賞したマーサーのコンサルタントは以下の通り:
1位 ジェーン・アンバクシャー(フランス)、2位 アレクシス・チェン(オーストラリア)、4位 ジリアン・リード (イギリス)、11位 アレックス・ベムハート(アメリカ)、12位 サリカ・ゴエル、14位 ケイト・ブレット(イギリス)。

マーサーのウェルス部門のプレジデントであるリッチ・ヌザムは以下のように述べている。
「IRRI調査の総合ランキングで1位となり、同時にこれほど多くのマーサーのコンサルタントが責任投資の分野で上位にランクインしたことは、知的資本・コンサルティング業界におけるマーサーの長年の実績を示すともに、コンサルタントの高い質と情熱を示すものでもあります。マーサーの顧客である機関投資家は、自らの運用戦略に環境、社会、ガバナンスの観点を戦略的に取り込む方法について助言を求める傾向を強めつつあります。こうした状況を踏まえ、今後も責任投資分野のコンサルティング業務において主導的役割を担い、革新していく所存です」。

マーサーのパートナーで責任投資部門の責任者であるジェーン・アンバクシャーは次のように述べている。
「マーサーのこれまでの取り組みに加え、非常に多くのチームメンバーも運用業界で認められたことを喜んでいます。責任投資はかつてないほど興味深く複雑になり、そのニーズが高まってきました。今後もそれぞれのお客様の独自のニーズに合った責任投資を推進するサポートをしていきます」。

IRRIサーベイ2017を発表したエクステル・サーベイ社(Extels)のマネージング・ディレクターであるデビッド・エンティクナップと、SRI -コネクト社(SRI-CONNECT)のマイク・タイレルは、「今回のサーベイで、そのビジョンとリーダーシップが認められて受賞した、マーサー並びにすべての企業にお祝い申し上げます。我々は、持続可能な責任投資について多くの資産運用会社がニッチ分野と見なしていた黎明期から注目してきました。サーベイ開始から年々、この分野の運用戦略は成熟し、リサーチのバリューチェーンも深化し多様化してきましたが、その証を総合的に示し、発表できたことは大きな喜びです」と述べている。


IRRIサーベイ2017 (Independent Research in Responsible Investment Survey‐責任投資独立リサーチ)について

ExtelsとSRI-CONNECT によるIRRIサーベイでは、社会的責任投資(SRI)とコーポレートガバナンスのバリューチェーンにおける、経済的重要性とダイナミックスが360度評価されたものであり、低炭素の投資戦略、サステイナビリティに関するテーマ運用、そして、建設的エンゲージメント(目標を持った対話)がネガティブ・スクリーニングや定量アプローチより、速く成長すると予測している。IRRIサーベイ2017は、幅広い分野に属するSRI、コーポレートガバナンス、資産運用の専門家、および、上場企業に属するインベスターズ・リレーションズ(IR)と企業の社会的責任(CSR)の担当者に対し、精選された質問による調査が行われた。43ヵ国1,136人の有効な回答者から39,749個のデータポイントが収集され、それらが63の「インサイト」と30のランキングに集約された。

IRRIサーベイ2017の全調査結果はこちら。


マーサーについて

マーサー (英語社名:Mercer、本社: ニューヨーク、社長兼CEO:Julio A. Portalatin) は、組織・人事、福利厚生、年金、資産運用分野におけるサービスを提供するグローバル・コンサルティング・ファームです。

全世界約23,000名のスタッフが44ヵ国、約180都市の拠点をベースに、130ヵ国以上でクライアント企業のパートナーとして多様な課題に取り組み、最適なソリューションを総合的に提供しています。

日本においては、40年の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対するサービス提供を行っています。組織変革、人事制度構築、福利厚生・退職給付制度構築、M&Aアドバイザリー・サービス、グローバル人材マネジメント基盤構築、給与データサービス、年金数理、資産運用に関するサポートなど、「人・組織」を基盤とした幅広いコンサルティング・サービスを提供しています。

マーサーは、ニューヨーク、シカゴ、ロンドン証券取引所に上場している、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ(証券コード: MMC)グループの一員です。 マーサーについての詳細は、以下をご参照ください:

マーサー ジャパン www.mercer.co.jp
Mercer(Global) www.mercer.com

マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズについて

マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ (ニューヨーク証券取引所コード: MMC)は、グローバルプロフェッショナルサービスを提供する企業グループとして、顧客企業にリスク、戦略、人材分野の助言とソリューションを提供しています。

マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズはマーシュ (保険仲介とリスクマネジメント)、ガイカーペンター (再保険仲介・コンサルティング)、マーサー (組織・人事マネジメント・コンサルティング)、そしてオリバーワイマン (戦略コンサルティング)から構成されており、年間総収入140億米ドル超、全世界に約65,000名の従業員を擁し、世界各地の顧客に分析、アドバイスを行い、各種取引を支援しています。

当グループは責任ある企業市民として事業展開しているコミュニティに貢献しています。詳しい企業情報については www.mmc.com をご覧ください。

本件に関するお問い合わせ

マーサージャパン株式会社
広報
小原 香恋 Karen Ohara
Tel: 03 6775 6639 pr.japan@mercer.com

資産運用コンサルティング部門
investment.japan@mercer.com

お問合せ