マーサージャパン株式会社、役員人事を発表


2020年9月1日

 

世界最大級の組織・人事コンサルティング会社マーサーの日本法人であるマーサージャパン株式会社(日本法人:東京都港区、本社:ニューヨーク)は、9月1日付の役員人事を発表した。日本のさらなる成長に向けて取り組みを強化し、急成長するアジア地域で日本の戦略的重要性が増すこととなる。9月1日より、代表取締役社長 CEOに草鹿泰士氏、取締役 COOに島田圭子が就任する。

 

マーサーアジア CEOのRenée McGowanは、次のように述べている。

 

「過去42年間、日本でマーサーのビジネスは目覚ましい発展を遂げており、クライアントとのパートナーシップを通じ、企業や従業員にとって輝かしい未来を築いてきました。 COVID-19のパンデミックは、人々や組織に深刻な影響をもたらしている一方、これまでにないスピードで変革とイノベーションを加速させています。

 

パンデミックの脅威への対応を乗り越える重要な時期である今、企業はその未来と従業員やコミュニティを再形成させることが求められています。この戦略的な任命によって、日本の企業が新しい仕事のあり方を再考できるよう、当社の専門知識、能力を最大限発揮します」

 

企業がイノベーションとトランスフォーメーションを最重点課題として掲げる中、マーサーは人事変革や革新的な従業員の福利厚生、また今日の課題を克服し将来の繁栄を目指す資産運用ソリューションに対する需要の高まりを目の当たりにしてきた。McGowanはさらに付け加える。

 

「今こそ、私たちの努力を注ぐ絶好の機会であると言えます。テクノロジーの進歩に加え、リーダーや従業員のマインドセットが転換する中、クライアントと共に新たな成長の機会を得ることができるはずです」

 

 

日本法人 代表取締役社長 CEO草鹿 泰士氏の就任

 

金融およびコンサルティング分野で30年近くの経験・実績をもち、ビジネスの変革と成長を促進してきた。マーサーに入社する直近までロボット投信株式会社の会長を務め、それ以前は日本のEY税理士法人でパートナー兼COOとして企業戦略・コーポレートカルチャー変革・事業開発を統括、BNP パリバ・カーディフ損害保険株式会社の在日代表も歴任している。

 

McGowanは下記の通りコメントした。

 

「草鹿氏の豊富な運用経験や専門知識は、日本のビジネス成長を次の段階へと推進し成功へと導いてくれるでしょう。 組織・団体が想像を絶するほどの課題に向き合い、そこから脱却しようとする最中でマーサーに加わりました。彼の強力なリーダーシップと豊富な経験が私たちのケイパビリティを強化し、今後さらにソリューションを拡大させ、クライアントの持続可能な成長により一層取り組むことができる、そう信じています」

 

代表取締役社長 CEOとして、日本とアジアのリーダーシップチームと連携し、グローバル機能を活かすことで本邦における地位を向上させ、クライアントと同僚を第一とするマーサーの揺るぎないコミットメントを遵守する。

 

草鹿 泰士氏は次のように述べている。

 

「マーサーには、クライアントが抱える課題に応える革新的なソリューションを提供してきた、長年のレピュテーションがあります。これは、課題に直面するクライアントとその従業員の方々が、新たに未来を思い描く機会をつかめるよう支援するための、強固な基盤を構築してきた表れです。イノベーションや卓越したクライアントエクスペリエンス、パートナーシップの強化を実現できるようチームをリードし、今後クライアントにとってより大胆で明るい未来を創造していけることを楽しみにしています」

 

 

取締役 COOに島田 圭子が就任

 

2002年に発足したマーサージャパンM&Aチームのパイオニアメンバーとして、日本でのビジネスの成長に大きく貢献してきた。 COOとして、クライアントの成長戦略を推進し、日本の多国籍企業とサービスの拡大に注力すると共に、収益性の高い成長を目指す。 草鹿氏と緊密に連携しながら、適切な事業ポートフォリオの相乗効果を生み出すことで、最適な運用効率を実現する経営インフラを構築する。

 

McGowanは以下のように述べた。

 

「彼女は素晴らしい資産であり、大変貴重なメンバーです。その専門知識とビジネスに関する深いナレッジ、ビジネス・業界リーダーという成功体験から、マーサージャパンにとって未開拓の機会を創出すると確信しています」

 

新たな役割について、島田圭子は次のようにコメントしている。

 

「成長を加速させ、クライアントにとって有意義な変化をもたらすためにも、この新しい機会を光栄に思います。マーサーと歩んできた月日では、変革という経験を重ねてきました。草鹿氏と共に進歩と成長を目指し、ダイナミックに新たなチャプターで前進してまいります」

 


 

マーサーについて

マーサーはより輝かしい未来は築くことができるものと信じています。私たちはクライアントと共に、仕事そのものを再定義し必要な改革に導き、退職制度や年金の投資成果を再構築します。そして、真の健康とウェルビーイングへと導くビジョンを掲げています。全世界約25,000名のスタッフが44ヵ国をベースに、130ヵ国以上でクライアント企業と共に多様な課題に取り組み、最適なソリューションを総合的に提供しています。マーシュ&マクレナン(NYSE:MMC)グループの一員として、日本においては40年以上の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対するサービス支援を行っています。

 

マーシュ&マクレナンについて

マーシュ&マクレナン(ニューヨーク証券取引所コード: MMC)は、グローバルプロフェッショナルサービスを提供する企業グループとして、顧客企業にリスク、戦略、人材分野の助言とソリューションを提供しています。マーシュ(保険仲介とリスクマネジメント)、ガイ・カーペンター(再保険仲介・コンサルティング)、マーサー (組織・人事マネジメント・コンサルティング)、そしてオリバー・ワイマン(戦略コンサルティング)から構成されており、年間総収入170億米ドル、全世界に76,000名の従業員を擁し、世界各地の顧客に分析・アドバイスを提供しています。

 

お問い合わせ

広報: 天野
Tel: 070 7548 7209
Email: pr.japan@mercer.com

CONTACT INFORMATION