マーサーのグローバル運用資産残高、 過去最高の3,800億ドルに到達


2021年6月8日

 

新規の投資資金のうち約50%は、保険会社や大学基金など確定給付年金以外の多様な投資家から受託したものです1。投資家は、委託の主な理由として、オペレーション業務のサポートの必要性、ガバナンスとリスク管理の強化、投資機会を迅速に捉える能力などを挙げています。

 

1 出所:マーサー、2021年3月31日。

 

より多くの機関投資家が、長期化する低金利環境下において引き続き市場のボラティリティを捉え、投資目標を達成するため、投資ソリューションサービスであるアウトソーシングCIO(OCIO)を求めています。マーサーは、グローバルの運用資産残高が3,800億ドルに達したことを発表しました(2021年3月31日時点)2

 

2 当運用資産残高は、基準日においてマーサー・インベストメンツ・エルエルシー(マーサー・インベストメンツ)および世界各地の関連会社が提供する投資一任業務に係るすべての資産残高を含みます。当運用資産残高は、マーサー・インベストメンツがForm ADVにおいて報告する規制上の運用資産残高とは異なる場合があります。規制上の運用資産残高については、マーサー・インベストメンツのForm ADVをご覧ください。Form ADVは、マーサー・インベストメンツ(99 High Street, Boston, MA 02110)のコンプライアンス部への要請に応じて提供可能です。

 

マーサーのOCIOサービスは、確定給付年金(DB)の資産運用ニーズをサポートするために開発され、基金、財団、保険会社、ウェルスマネジメント、非営利医療保険会社、確定拠出年金(DC)など他の投資家にも普及してきました。マーサーは顧客基盤を分散してきており、2020年の注目すべき変化として、2020年1-3月期から2021年1-3月期までの増加資産の約50%は確定給付年金以外の投資家から受託した資産であることが挙げられます。2016年1月から2021年4月まで、確定拠出年金およびその他年金以外の資産は245%増加しました。確定給付年金以外の投資家が洗練され、対応力のあるコスト効率の高い投資戦略を探求し始めたためです。

 

2019年12月31日から2020年12月31日にかけて、マーサーは100社以上の新規投資家を獲得しました。

 

マーサーの投資ソリューション/OCIOサービスにおけるグローバル責任者のMick Dempseyは次のように述べています。

 

「投資家は、市場機会を捉え、長期的に見込みのあるプライベート市場への戦略的な投資を追求する一方、引き続きポートフォリオのモニタリング、複雑さ、コストに関する課題を抱えています。また、ESGおよびサステナビリティも多くの機関投資家に新たなガバナンス・モデルの採用を促していると見ています」

 

「各投資家固有の形で影響を与えるこれらの要因が相まって、OCIO市場への関心を急速に高めています。当社はお客様がこれら全ての課題に取り組むよう支援しています。『チーフ・インベストメント・オフィサー(CIO)誌3 による最新の調査は、投資一任OCIO運用資産残高において、マーサーをグローバル市場のリーダーに認定しました」

 

3  出所:CIO誌の2021年アウトソーシングCIO調査によれば、マーサーは、各社がCIO誌に報告した2020年12月31日時点の世界全体の投資一任OCIO資産運用残高において、ランキング1位となっています。

 

マーサーのウェルス部門のプレジデントであるRich Nuzumは次のように述べています。

 

「多くの投資家属性や洗練された大手機関投資家の間で、の運用の実行において支援を得ることへの関心が高まっています。ガバナンスは、常に投資家および投資委員会から重視されています。昨年の市場のボラティリティを受けて、よりオポチュニスティックにリターン獲得と分散の機会を捉えるため、投資機会を動的に評価する機動性と能力を高めることがますます重視されています。既存のガバナンス体制が新型コロナウイルスの感染拡大中にどのように成果を上げたかの見直しを背景に、資産運用業界において戦略的な変化が進行しています。2008~2009年の世界金融危機直後と同様に、より多くの投資家は、長期的な資産配分にあたり、投資ガバナンス・実行体制を強化する必要があると考えています」

 

 

 

重要なお知らせ

日本では、これらの投資一任サービスを含むソリューションについては、マーサー・インベストメンツ株式会社よりご提供しています。

 

マーサージャパン株式会社

金融商品取引業者 登録番号 関東財務局長(金商)第1061号

加入協会:一般社団法人日本投資顧問業協会 投資助言・代理会員

 

・ 本資料は、情報提供を目的として作成されたものであり、有価証券や金融商品の売買の申込みもしくは売買の申込みの勧誘を行うものではありません。本資料ではお客様の個別の状況を考慮した投資助言のご提案は記載されておりません。

・ 当社との間で投資顧問契約をご締結いただいた場合には、お客様と合意した投資顧問報酬をいただきます。投資顧問報酬は、お客様の事情、運用スタイル、契約資産額、サービス内容等に照らして、当社の裁量によって決定するため、具体的な報酬料率、上限額等を事前に示すことができません。

・ 弊社はお客様との投資顧問契約に基づき、有価証券の価値等の分析に基づく投資判断を含む様々なコンサルティング・サービスをご提供いたします。当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。

 


 

マーサーについて

マーサーはより輝かしい未来は築くことができるものと信じています。私たちはクライアントと共に、仕事そのものを再定義し必要な改革に導き、退職制度や年金の投資成果を再構築します。そして、真の健康とウェルビーイングへと導くビジョンを掲げています。全世界約25,000名のスタッフが43ヵ国をベースに、130ヵ国でクライアント企業と共に多様な課題に取り組み、最適なソリューションを総合的に提供しています。マーシュ・マクレナン(NYSE:MMC)グループの一員として、日本においては40年以上の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対するサービス支援を行っています。

 

マーシュ・マクレナンについて

マーシュ・マクレナン(NYSE:MMC)は、グローバルプロフェッショナルサービスを提供する企業グループとして、顧客企業にリスク、戦略、人材分野の助言とソリューションを提供しています。マーシュ(保険仲介とリスクマネジメント)、ガイ・カーペンター(再保険仲介・コンサルティング)、マーサー (組織・人事マネジメント・コンサルティング)、そしてオリバー・ワイマン(戦略コンサルティング)から構成されており、年間総収入170億米ドル、全世界に76,000名の従業員を擁し、世界各地の顧客に分析・アドバイスを提供しています。

 

お問い合わせ

担当: 資産運用コンサルティング部門
Tel: 03 6775 6500(部門代表)
Email: investment.japan@mercer.com

広報: 天野
Tel: 070 7548 7209
Email: pr.japan@mercer.com

CONTACT INFORMATION