readiness for flexible work
緊急事態に対応しながら柔軟な働き方の体制を整えるには

日々状況が変化している中、雇用主はコロナショックの影響を軽減するべく、短期・中期・長期ごとの人材戦略を立てる必要があります。企業は、最新のコロナ禍の動向を把握した上で、従業員の保護や事業継続のための企業対応を定期的に社員へ伝えることが求められています。今の状況は、人々の健康こそが健全なビジネスの必要条件である、と改めて認識する機会として捉えられるのではないでしょうか。

柔軟な勤務体制の整備・実現

 

今のように健康な生活を脅かす緊急事態において、雇用主は喫緊の対応を迫られています。そしてビジネスの存続が脅かされている今、状況に即した柔軟な勤務体制が十分に整備されていない場合、生産性の低下は免れません。最悪の場合、重要な人材とビジネスを失う可能性があります。

 

また、長期間のリモートワークは、従業員のエンゲージメント、モチベーション、リテンションに深刻な影響を及ぼす可能性があるため、新型コロナウィルス収束後の人材戦略の策定が不可欠です。 

今すぐ行動に移すべき7つのアクション

 

リモートワーク最中でも、事業の継続性を確保しながら、従業員のエンゲージメントと生産性を維持するための7つのステップとは?

 

  1.  柔軟な勤務形態の設計
  2.  人事方針の柔軟な調整
  3.  双方向コミュニケーションの推進
  4.  管理職向けのコミュニケーションテンプレートや会話ガイド
  5.  自身の管理者に対する配慮
  6.  混乱時を乗り切るための思いやりと共感
  7.  自ら働きかけてパフォーマンスをレビュー、マネジメントすること

今回の状況を受け、日本企業の人事ご担当者の皆様にご確認いただきたいリモートワーク導入のためのチェック項目を整理しました。

業務プロセス、規定の整備や人材に関するチェック項目等、体制の整備に向けて是非ご活用ください。

「リモートワーク導入チェックリスト」は下記から無料ダウンロードしていただけます。


Fill 1 Created with Sketch.
人々の健康こそが健全なビジネスの必要条件であることを改めて認識する必要があります。ビジネスにおける最優先事項は従業員の心身の健康です。
Fill 1 Created with Sketch.
「新型コロナウイルスと臨機応変な働き方」「リモートワーク導入チェックリスト」ダウンロードフォーム