出会いがもたらす意識の変化について - コンサルタントコラム 658 | マーサージャパン

出会いがもたらす意識の変化について - コンサルタントコラム 658 | マーサージャパン

ライブラリ / コンサルタントコラム一覧 / コンサルタントコラム 658

出会いがもたらす意識の変化について
Calendar2014/12/05

お問い合わせいただいた企業を訪問し、海外派遣に関する給与・福利厚生データの解説や処遇のトレンドについてお話をすることがあります。限られた時間の中で質疑応答に終始する訪問がある一方で、お客様との会話が弾み、新たな気付きが芽生える訪問もあります。

ある企業へ訪問した際に以下のようなことがありました。

【訪問先企業のロビーにて】

給与計算用のデータに関する説明を終え、訪問先企業のロビーでタクシーを待っていた時のことです。その日は雨天のためタクシーが来るまでに時間がかかりそうだったので、ロビーで一緒にお待ちいただいていたご担当者様に職場へお戻りいただくようお願いしたのですが、結果的にタクシーが到着するまでの間、お互いの近況について歓談することになりました。ちょうど連休前であったことから、旅行に関する話題になり、訪問の直前まで筆者の自宅に滞在していたフィリピンからの来訪者についてお話ししました。

【フィリピンからの来訪者】

その来訪者は、筆者が前職でフィリピンに駐在していた頃からの知人で、東京にある筆者の自宅に3泊した後、京都に滞在し、帰国することになっていましたが、京都へ向かう日の前日になっても京都での宿を予約していませんでした。慌てる筆者を後目に、おもむろにスマートフォンを操作し始める知人。覗き込むと画面には「Air bnb」と書いてあります。後から知ったのですが、Air bnbとは空き部屋を短期間貸し借りしたい人同士をマッチングするサービスを「世界190ヶ国34,000以上の街(同社HPより抜粋)」で提供する、シェアリングエコノミー(共有型経済)の成功例として注目を浴びている企業です。 その後、知人は無事に京都へ旅立ち、京都での滞在中はAir bnbで予約した「宿」のオーナーに連れられ、地元のお祭りなどを堪能したことなどがFacebookへの投稿から判りました。

【出会いがもたらす意識の変化】

「そんなサービスを提供している会社があるとは知りませんでした。旅行の概念が変わるかもしれませんね!」訪問先の担当者様は大変驚かれていました。フィリピンからの来訪者との出会いを通じて筆者の中で旅先での宿に対する意識が変化し、更に筆者との出会いを通じて、同じような変化が訪問先のお客様の中でも起こった瞬間です。

駅へ向かうタクシーの中、改めて出会いがもたらす意識の変化について思いを巡らせました。

<日常的にお会いできないお客様と時間を共有することは、双方にとって新たな気付きが芽生えるチャンス。お客様を訪問する度に、既成概念を壊すような話題を提供できなくても、お客様が気付いていない「灯台下暗し」な課題を発見できるような話題提供は可能ではないか・・・。>

"The most important thing in communication is to hear what isn't being said." (Peter F. Drucker)

相手が語らない本音の部分を感じ取ることの重要性を説いたピーター・ドラッカーの言葉ですが、相手が気付いていない「本質」の部分を感じ取ることは、更に重要だと考えます。訪問先のロビーでの会話が、思わぬ形で新たな気付きと決意につながったわけですが、そのような機会を与えてくれたフィリピンからの来訪者に心より感謝しながら、帰路につきました。


執筆者: 花田 誠治 (はなだ せいじ)
プロダクト・ソリューションズ コンサルタント

マーサーニュースレターの購読

隔週でマーサーのコンサルタントが執筆する記事をメールにて配信いたします。ニュースレター購読フォーム コンサルタントコラム一覧