マーサーが考えるトランプ関税の関係

トランプ関税の影響

ライブラリ / 資産運用コンサルティング /

トランプ関税の影響
Calendar2018/05/14

3 月 8 日、トランプ米大統領は、鉄鋼の輸入に 25% 、アルミニウムの輸入に 10% の関税を課しました。これは、大統領が議会の承認なしに関税を課すために関税は国家安全を口実に課されたものです。 当然のことながら、関税の影響を受ける国は、報復措置をとることを仄めかしました。ただし、鉄鋼とアルミに関税を課すことに留まるのであれば、米国経済と世界経済への影響は軽微です。

長期的な視点で見れば、保護貿易主義のリスクは、弊社の「2018年投資テーマと投資機会」でとりあげた政治的分断に関連します。 マーサーは、クライアントの皆様に、トランプ大統領が課した関税の結果を受けてすぐさまアクションを取るようにお薦めするつもりはありませんが、事態の推移を見守るとともに、ポートフォリオに与える影響を注視することは必要と考えます。

  PDFでダウンロード
以下の情報を入力し、e-mailでレポートをダウンロード下さい。ポップアップブロッカーがオンになっていない場合には、この記事をそのままダウンロードするか、または新しいウィンドウで表示するかを尋ねるメッセージが表示されます。
*必須項目