C-Suite Talk Live第5回 キユーピー株式会社 研究所長・品質保証本部担当 取締役 和田 義明さん | マーサージャパン

C-Suite Talk Live第5回 キユーピー株式会社 研究所長・品質保証本部担当 取締役 和田 義明さん

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第5回(3/3)

第5回 キユーピー株式会社 研究所長・品質保証本部担当 取締役 和田義明さん
Calendar2009/10/01

管理職よりも支援職~聴く力、認知する力

古森 しかし、こうした非常に強いこだわりを持ったプロセス重視の組織運営をしていくとなると、その要となる管理職層には相当高い負荷がかかりますね。したがって、理想としては分かるけれども、実際にはやれない・・・という状態が、世間一般には想像されます。そうならないために、キユーピーさんではどんなことを心がけておられるのでしょうか。

和田確かに、大変負荷の高い運営をしています。でも、大事なことですから、困難を承知で脈々とやっているわけです。近道はありませんので、経営幹部人材の育成過程において、経営陣から様々な場面で思考プロセスを厳しく問うようにしています。結果の良し悪しはもちろん無視しませんが、仮に失敗であってもそのプロセスを厳しく問う。「そういうプロセスで失敗したなら、学びになっただろう。」「そういうプロセスでこうなったのであれば、当然だ。ここの点から深く考え直せ。」といった具合に。このあたりは、社長以下徹底していると思います。

古森 結局、経営陣がそういった場面で、労を惜しまずに的確なフィードバックをしてきて、その積み重ねの歴史が今のキユーピーさんなわけですね。経営トップ層のコミットメントに加えて、いわゆる中堅の管理職層についてはどうなのですか。「深く考える」と言っても、人間というのは誰かにそれを認知されたと思うかどうかで、湧いてくる意欲は全く違ってくる生き物ですよね。

和田 そうなんです。いわゆるマネージャーという言葉自体にも感覚的には違和感があるくらいでして、管理的要素だけで務まるものではないですね。むしろ、そういった要素の仕事はマネージャーの仕事の半分にも満たないかもしれません。弊社の場合、求めている本質に照らせば、「管理職」ではなく「支援職」という色彩が強いですね。例えば部下が事例を説明する際に、本当に勘所になるものをキャッチして認知してあげること。あるいは、まだ眠っている感性に接したらそれを呼び覚ましてあげること。これらは、マネージャーとしての重要な仕事だと思います。

古森 例えば、先ほどの「わくわく活動」の発表などの場面でも、聴き手が「すごいね」「感動した」と反応するだけの場合と、「ここがすごいね」「ここは良くこんなふうにやれたね」と反応する場合とでは、きっと発表者の喜びは違いますよね。

和田 本当の意味で「分かってくれた!」と感じるかどうか。それが非常に大事ですし、それが出来ないと「深く考える」ということが文化にはなっていかないでしょう。もちろん改善の余地は常にありますが、弊社ではこうしたピンポイントで勘所を押さえた反応をすることを、マネジメント職に当然のこととして求めているわけです。また、それを実践すればするほど、自分の担当組織の「深く考える」力が向上して、会議などでは耳の痛い直言なども飛び出すようになります。はっきり言うと、「やりにくい」組織になるわけです。でもそれを私は、「嬉しいやりにくさ」だと言います。そういう風土になっていけば、まさに活性化した組織になります。

「タバコ部屋」的な場の今日的再構築

古森最後に、研究開発部門の創造性を高めるために、何か「これからやろう」と考えておられることはありますか。

和田これは誤解を招くといけないのでデリケートな話になりますが・・・。いわゆる「タバコ部屋の効用」というものを、真面目に分析しているところです。弊社の研究開発部門で「どういう時に新しいものがひらめくか」と議論したことがあるのですが、「タバコ部屋で他部門の人々とぼんやり情報交換していて、ひらめいた」という声が少なからずあったのです。

古森 ああ、他の企業でも同じような話を聞いたことがあります。

和田 喫煙奨励では、ないですよ。この点は強調しなければなりません。私もタバコは吸いませんし。でも、タバコ部屋という空間の中で、ひらめいたという証言が実際に複数ある。他社との意見交換の場でも、この件が話題になったことがありました。私が「御社のタバコ部屋は・・・」と聞こうとしたら、先方から「キユーピーさんのタバコ部屋は・・・」と、同じことを聞いてこられたという話。どうも研究開発に関わる人々が、このタバコ部屋という存在の効用の背景にあるものに注目しているようです。

古森 それで、喫煙という行為ではなくて、そのタバコ部屋で起きていた「本質的メカニズムを他の形で再現できないか」という発想なのですね。面白いですね。あまりにも人工的にやると、きっと駄目でしょうね。ある種の共通項を持った人々が自然発生的に集まったインフォーマルな空気の中で、何かが生まれている。それをどう再現するか。

和田 まだこれからなのですが、私の身近なところで試行錯誤してみようと思っているのは、オフィス内の席の座り方。例えば私がいつも同じ場所に座らずに、俗に言う「フリー・アドレス」のような形で、毎日座る席を変えてみる。すると、なにか今までと違ったコミュニケーションが起きはしないか・・・といった具合。これに限らず、「タバコ部屋の効用」のまさに背景にあった本質部分を理解して、「展開」していきたいと考えているところです。

古森 タバコ部屋の効用にも、深く考えるという活動を適用するわけですね。非常に興味があります。是非また、その後の展開を聞かせて下さい。多岐にわたる貴重なお話、そして、その思いの数々をお聞かせ頂きました。本当に、有難うございました。

~ 対談後記 ~
和田さんは、言葉を選びながらお話しになります。しかし時折、その言葉にこめた強い思いを感じます。「プロなんだから」という時の、柔和なる凄みのようなもの・・・。
なぜかこの建物を訪ねてくる時は夏が多く、謙虚な6階建ての玄関から和田さんに見送られる時に聞くセミの声と熱気が、一緒に脳裏に焼きついています。右脳に映ったその景色を左脳で表現すれば、「古く未だに良き日本」「まだまだ捨てたもんじゃないぞ日本」とでもなるでしょうか。短い対談の中で、その景色の一端を、読者の皆様にお伝えしたかったのです。

和田さん、有難うございました。