C-Suite Talk Live第6回 日本GE株式会社 取締役 シニアHR マネージャー 八木 洋介さん

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第6回 (4/5)

第6回 日本GE株式会社 取締役 シニアHR マネージャー 八木洋介さん
Calendar2009/10/08

人事の役割は、人のやる気を引き出すこと

古森さて、ちょっと角度を変えますが、GEにおける人事機能の役割というのは、どのようなものでしょうか。これまでお伺いした話のエッセンスを踏まえながら、人事の角度からGEを見てみたいと思います。

八木 「人のやる気を引き出すこと」・・・これが人事のやるべきことの本質と考えています。ちなみに、多くの企業で行われている人事面の施策は、意外とこれに逆行することも多いのではないかと思いますよ。

古森 「人のやる気を引き出す」。よくある言葉ですが、簡単なことではないですね。

八木 GEをベンチマークされる日本の企業の多くが、「GEの人事制度について聞きたい」とおっしゃいます。それはそれで真摯にお答えするのですが、「人事制度が多く複雑になると、人はやる気をなくすものです。人事制度はできる限りシンプルなほうが良い。」と申し添えるようにしています。GEの人事制度には、特別なものはありません。見えない制度の中に入れられると、人はやる気をなくします。人事制度は、分かりやすいものであることが大事です。また、制度で謳っていることと運用が逆になっているようなケースは、論外といわざるをえません。

古森先ほどの、「ウソがない」という話に通じますね。ちなみに、「人のやる気」というものを、どのように捉えていますか。「GEがやろうとしている事へのやる気」と、そういうものよりも一歩手前の、「仕事に対する一般的なやる気」のようなものがあると思うのですが。

八木 それは、両方ですね。GEの目指す方向にやる気を感じていただくというのは、もちろん重要なことです。でも、同時に個々人としての一般的な意味合いも重視していますよ。「人間が頑張る」うえでの、普遍的な部分があると思うからです。

古森 国・地域に関わらず、人間というものの「元気レバー」のようなものを見極めて、そこに光をあてる・・・。

八木 人はどういう時にやる気が出るのか。あるいは、何がそれを阻害するのか。結局は、仕事で取り組む物事にストーリー性や一貫性があって、納得できるということが鍵です。したがって、GEがバリューの一つとして"Clear Thinking"を掲げ、リーダーに"Clear Communication", "Open"を求めていることには大きな意味があります。かつ、そのように謳っている以上、"Open"であることにウソはない。実際、"Open"であるとみなされないリーダーは、評価されないのです。

古森 会社の方向性の是非以前に、まず目指すものが理解可能で、信じて頑張っても損をしないという環境。洋の東西を問わず、人がやる気を出して頑張る上で普遍的な要素だと思います。厳しく成果を問うたとしても、そういう環境面での前提があるかないかで、人間の感情というのはまったく違った反応を示すでしょうね。

八木 ですから、人事にもシンプルで分かりやすく、ウソのないストーリーがなければなりません。もちろん、実際にすべてを完璧にやれているかというと、そんなことはありませんよ。申し上げたいのは、そういう意識と志向性をもって、我々人事に携わる人間も日々取り組んでいるということです。制度論を云々する前に、この点が非常に重要だと思っているわけです。

古森そのモメンタムが、どこから出てくるのでしょうか。

八木 やはり原点は、「勝ちの定義」ですね。狙うものが明確でないと、ストーリーは出て来ません。GEの「勝ちの定義」を人事として突き詰めていくと、結局は「人々のやる気を引き出すこと」という点に行き着くわけです。だったら、人事としてはそのための基盤や環境を徹底的に提供するように動かねばならないわけです。

古森日本でも、優れた企業には経営と人事の一貫したストーリーがあります。ただ、それが多くの人には語られていないですね。また、そのストーリーが人事部の中ではなく、経営者個人の頭の中で一貫しているという形が多いように思います。

八木 これからは、人事が「人事屋」では駄目ですね。労務や給与計算など、これまで存在した人事の機能が不要になるという話ではありませんよ。それらに加えて、「戦略的人事」の要素が強く求められるという意味です。戦術レベルの議論の前に、「経営の方向性にあわせて組織をどう導くのか」という視点が欠かせません。これは、平均的な日本企業の人事では、十分に議論されていない部分だと思います。

古森 企業における人事の立ち位置も、変化を迫られていますね。

八木 考えてもみてください。人事に相談に来る社員の99%は、何か問題を抱えているものです。そこで社員のやる気を引き出すためには、話をしていて楽しい人でないといけない。相談に来た人の霧を取り払ってあげることが、GEにおける人事の役割の一つとも言えます。「面談して5分で、まず笑顔が生まれないといけない」と言っています。典型的な日本の人事を想像したとき、「この人に話してみて良かった」と思われている場面が、どれほどあるでしょうか。

古森 人事は、社員に対するサービス業としてのインターフェースも持つわけですから、日系・外資を問わず、そのような視点は重要ですね。世の中のあらゆる人事がサービス業的側面だけで成り立つわけではないですが、「意識しなければサービスの視点が欠落しがち」ということは、肝に銘じたいところです。

八木 人事は、「権威」で仕事をしたら駄目です。すべての権威・権限を取り払ってみて、それでもなお「人事の意見を聞いてみよう」と思われる存在かどうか。GEでは、人事はほとんど何の権限も持っていません。それでも、例えば人を異動させる時には、影響力を持てていなければならない。そのためには、「権威」ではなく「人事が言っていることが役に立つ」と認知される必要があるのです。