C-Suite Talk Live第28回 東洋エンジニアリング株式会社 取締役社長 山田 豊さん | マーサージャパン

C-Suite Talk Live第28回 東洋エンジニアリング株式会社 取締役社長 山田 豊さん

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第28回(1/4)

第28回 東洋エンジニアリング株式会社 取締役社長 山田 豊さん
Calendar2010/08/09
C-Suite Talk Live 第28回 ~対談エッセンス~
  • 最初から英語で書いた「MVV」
  • 語り継ぐために
  • 「Because Japanese」は通用しない時代
  • 本社機能のグローバル化への挑戦
  • 顧客のそばで初期値をつくる

最初から英語で書いた「MVV」

古森こんにちは。今日はお忙しい中に有難うございます。政治も経済も経営も難しい問題に満ち溢れた昨今、何かヒントになるものを発信したいということで、この対談を続けております。ヒントになるかどうかは読み手の文脈にもよりますが、対談も50回、100回と積み重ねていけば、必ず何かしら役立つものになっていくと信じて取り組んでおります。

山田お役に立てるかどうか分かりませんが、お話しすることで私も頭を切り替えてみる良い機会になると思っています。

古森 宜しくお願い致します。今日まずお伺いしたいと思っておりますのは、最近御社で定義された「MVV」(Mission・Vision・Value)のことです。MVVは企業の遺伝子と言っても過言ではありません。経営トップとして、どのような思いで取り組まれたのでしょうか。

山田MVVに取り組んだ背景には、弊社のグローバル組織の現状に関する私なりの問題意識がありました。以前は、「海外の運営はうまくいっている」と思っていたのですが、実際に調べてみると、「人と人とのつながりでなんとかもっている」という危うい状況であることが分かりました。

古森属人的で再現性の低い組織運営になっていたのですね。属人性にも良い面はありますが、御社の文脈の中では課題になってきていたということですね。

山田 ええ。そもそも何千人もの社員がひとつの組織体として方向性を共有するのは、容易ではありません。それを人と人とのつながりで維持してきたのですが、組織の規模を考えると限界が来ていました。人と人とのつながりは、今後も大事にしていくべきです。でも、その上に来るもの、皆が共有して「迷ったときに立ち戻る」原点になるものを持たねばならないと思いました。

古森 それで、実際はどのような活動をされたのでしょうか。MVVの定義や浸透には、経営トップのオーナーシップが欠かせないと言われていますが。

山田 日本と海外の各拠点を行脚しました。各地でブレーンストーミングしながら深く考えるプロセスがあって、それ自体が私にとっても各地の組織にとっても非常によい機会になったと思います。「自由に気楽にまじめな会話をした」という感じですね。そういうプロセスを経て形づくっていったので、皆に賛同してもらえたという思いがあります。

古森 各地の拠点を回られる中で、何か気づかれたことはありますか。

山田 そうですね、各拠点のマネジメント層とは日ごろから意思疎通があるのですが、その下の人たちとはそうはいきません。議論を進めていく中で、日常的な仕事や個別の業務を離れた意見を聴くことができたのは大きな収穫でした。

古森 通常のラインの仕事とは違う次元で、参加者間の議論が起きた・・・ということですね。

山田 ええ。深層レベルで議論ができましたね。アクティブな議論でしたし、その後、どんどん自発的に取り組みが進んでいる拠点も出ています。我々のブランドにしても、なんとなく「もやっ」としたイメージで感じていた向きもあったと思いますが、それがかなり明確になってきたとの印象です。

古森「我々の会社はこうだ」ということを考える機会自体に、大きな意味があったということですね。ところで、今回定義されたMVVは最初から英語で表現しているとのことですが、ここにもこだわりがありそうですね。

山田我々の組織を考えたら当然のことです。海外の人たちは、これまでこうした考え方に接する機会が少なかったと思います。日本人の内輪であれば、酒を飲みながら語り合うなどして伝わってきたものもあったでしょうが、グローバル組織ではそういう前提は通用しません。

古森 世界全体で組織を見れば多様性の宝庫という中で、価値観を語る言語面でフェアな姿勢を持つということは、強いメッセージになると思います。

山田 スローガンや標語というのは、掲げて終わりになってしまいがちです。我々のMVVはそうしたくなかったのです。だから、「どう定義するか」と同じくらい「どう伝わるか」という面にもこだわりました。

古森 日本語版を英語版に訳す際のニュアンスの漏れも防げますね。策定時のニュアンスをそのまま英語で表現したということは、今後大きなアドバンテージになるかもしれません。また、現地行脚の議論をベースにしたことによって、作成過程にもフェアな要素が取り込めているように思います。

山田 そうです。今回の取り組みは、策定の過程そのものにも大きな意味がありました。

山田 豊さん プロフィール
1971年に東北大学大学院工学研究科修士課程を修了された後、東洋エンジニアリング株式会社に入社されました。2000年に取締役、2001年に海外事業本部副事業本部長 兼 海外営業本部長、2002年に取締役常務執行役員、2003年に代表取締役常務執行役員に就任され、2004年から取締役社長(現職)でいらっしゃいます。
また、2005年から財団法人エンジニアリング振興協会の要職も歴任され、現在は、同協会の理事長として企業経営のみならず業界の発展にも貢献して来られました。