C-Suite Talk Live第39回 河合 江理子さん | マーサージャパン

C-Suite Talk Live第39回 河合 江理子さん

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第39回 (3/4)

第39回 河合 江理子さん
Calendar2011/01/25

個人的なネットワークの重要性

古森 河合さんがハーバード、INSEADと海外の大学を卒業されて、日本の大学との違いを感じるとしたらどういう点でしょうか。

河合 それは、つきつめれば「グローバルネットワーク」だと思います。米国でのハーバード卒業生のネットワークは、ものすごいものがあります。ハーバードを出ていれば、それはもう、世界中にネットワークがあります。INSEADもそうですね。世界中、だいたいどんな場所でも、卒業生のアドレスブックを広げると相談に乗ってくれる人が近くに見つかります。初対面でも、卒業生コミュニティの中で非常に親身になって助けてくれるのです。一方、日本の企業から派遣されてきた人などは、あまりそういうネットワークを生かしていないという印象もあります。

古森 留学生の中の「日本人村」でネットワークは作ったが、日本人以外とはあまり深入りしないという人も、多かったのではないでしょうか。

河合 派遣元の企業としても、本来はネットワーキングというのも重要な目的の一つだったのではないかと思いますが、帰国後に実際どれくらいネットワークができたかは、あまり問わないようですね。

古森 そこは、私もそう思います。本当はやりようはあるのだと思っています。留学を通じて、将来頼れるほどに親しくなった人をリストアップさせればいいのですよ。その数を目標として持たせてもいい。そういうのがないので、「なんとなく派遣」「なんちゃって留学」になるのですよ。MBAだと、学問的知識自体は日本の大学院でも遜色のないものがあると思います。海外に行くのであれば、やはり海外に行くことの付加価値を追求すべきです。ネットワーク形成は、その一つでしょう。

河合 欧州でも米国でも、日本人が想像する以上に個々人のネットワークの中で実際の仕事は起きていますね。

古森 日本人というのは、「和」の精神でやわらかく広いネットワークがつながっている・・・という感じです。一方、ある意味、本当に難しい局面では意外に助けてくれない、冷たいところもありますよね。米国や欧州では、ネットワークというのはもっと個人が立っている世界で、個人同士が一つ一つ、相互に信頼関係を築いていって、いったん信頼しあうと日本人以上に緊密につながっています。縁故主義なんて、日本の比ではないと思いますよ。

河合 日本では、会社が変わると関係が終わることも多いのですが、向こうはどこに行こうとも個人同士のつながりですね。皆、そういう世界に住んでいるから、大学などある種の価値観やレベル感を共有したクローズド・コミュニティでの関係構築を重視するのです。

古森 「I trust you」ですよね。友達という言葉とは違いますよね。欧米や中華系のネットワークは、「あなたを信じる」「あなたは裏切るはずがない」など、「Respect」と「Trust」の混ざったものに依拠していると思います。敵味方がはっきりしやすい社会という側面もあって、したがって、明らかに「内側」「こちら側」がある。ある条件を超えた人の間の信頼感というものは、ものすごく強いと思います。これから海外で経験を積む若い世代は、こういうネットワーク観を意図的に持っておくべきでしょうね。そういうメカニズムの中で実際に世界が動いているわけですから。

河合 まさに、実際に動いていますよね。ある意味、もったいないですよね。そういうメカニズムを上手に使えないというのは。

古森 色々な産業が、環境やインフラ分野に次代の可能性を見出しています。えてしてそういう分野というのは、各国における個人的ネットワークを生かして動く必要がある世界です。今後ますます、個人としてのグローバル人脈、ネットワークの形成が重要になりますね。

河合 いわゆる、単純な差別的排他的世界とはまた違いますね。貧しい家庭の出身でも、奨学金をもらって頑張ればエリートとして一流大学を卒業できる。他国から難民として逃れてきた一家の子弟でも、努力すれば誰かが支援してくれて、違った人生を手に入れることができる。大統領にさえなれる。そういうダイナミックな要素も社会の中に存在するうえでの、クローズド・ネットワークなんですね。単なる閉鎖的な関係というわけではない。

古森 結局、親の境遇とか過去の経緯とかだけでは、個人として信用できるとは言えないからでしょう。敵と見方がクリアな環境で、本当にお互いに信用しようと思ったら、やっぱり相互に実力を見せて証明するしかないと思います。実力を問う仕掛けがあって、そこで認められたもの同士が認め合うという構図ですね。実力主義が欠如していると、ネットワークは単なる沈滞集団になってしまいます。

河合 認められるために、セルフ・マーケティングも必要ですね。どれだけ優秀で実力を持った人でも、それを見せなければ、発信しなければだめですよね。

古森 語るべきものがないと、そもそも「個」として存在意義を認められないでしょう。「他の人はそうかもしれないが、私はこうだ」「私はこういう考え方に立っている」という、個としての軸のようなものが重要だと思います。日本のスタンダードからすると、目立ちたがりのうっとうしい人になる場合もありますが、必要なことです。グローバル化した社会の中で日本人らしさを維持していくためには、むしろ積極的にその日本らしい考え方とか行動を明示的に伝えていくべきですね。

河合 そうですよ、日本はもっと発信していかないと誤解されています。少し前の「バッシング」から「パッシング」になってしまった・・・。そして「ナッシング」までもいわれています。そんな中で、日本の大学の先生が海外のメディアに投書していたりするのも見かけます。投書することで日本の視点が伝わるのは非常に良いことだと思います。ビジネスの人でも、文化関係の人でも、「日本はこうなんだ」ということをもっと伝える必要があります。

古森今はブログもTwitterもありますし、個人でも、発信しようと思えば世界に向けて発信できる時代です。「個」をマーケティングする場合に、環境は圧倒的に良くなっていますよね。自分の中にしっかりした考え方の軸を持てば、何らかのコミュニティへの参加を生かして、グローバルなネットワークに入っていくことも不可能ではないと思います。あるいは、これまで海外の大学を卒業してネットワークを生かしきれていなかった人でも、これから生かしていく道を探りやすくなっていると思います。

やはり、英語力の問題は克服すべき

古森2010年に議論の的になったテーマの一つが、「社内言語の英語化の是非」でした。楽天などの取り組みが報じられて、各方面から賛否両論が巻き起こりました。河合さんは、このテーマについてどうお考えですか。

河合 英語はもちろん必要だと思います。そこは、日本の今後を考えたら異論の余地はないはずです。ただ、教え方が悪いと子供の頃から興味をなくしてしまいますし、大人の世界でも、日本人だけの世界で英語を無理に使ったりすると、やはりモメンタムが落ちると思います。

古森 子供達への教え方という点では、私も思うところがあります。うちはそもそも、英語は中学生からしっかりやらせようと思っているクチなのですが、小学校の授業が改訂になって、上の子は再来年から英語の授業が始まります。まあ、いつから始めるかは柔軟でいいと思いますが、私は興味・関心を失わない方法が必要だと思いますね。特に子供の頃は。

河合 英語はやはり、少人数のクラスで良い先生がしっかり教えないと駄目です。教え方の下手な先生がたくさん時間をかけても効果は出にくいので、先生のレベルアップも非常に重要です。

古森 私の場合は、英語に限らず語学ですから、「分かった」「通じた」という単純な喜びがちゃんと生まれるように導いてあげることが、「良い先生」の条件かなと思います。それが、人間が言葉を身に付けていく原動力だと思います。

河合 それから、大人の世界での英語化の問題。日本人同士の場面では、やはり日本語でいいと思います。日本人以外がいるときに、英語にシフトすることが出来るかどうかが大事なわけです。これは、フランスなど海外の非英語国でも同じような状況です。現実的に使い分けることがポイントですね。

古森日本の最近の「英語化宣言」は、経営としてのメッセージという位置づけでしょう。ある時期にはそれくらい言わないと、変化が起きないという経営者の見立てがあってのことだと思います。マーサーも英語を公用語にしている会社ですが、日本では普通は日本語を使っています。一方、海外から来るメッセージは英語ですし、公式の文書や議論のやりとりも英語です。

河合 スイスなんかは、面白い事例だと思いますよ。スイスは小国で、日本と同じように天然資源に乏しく、伝統を重んじる保守的な国です。しかし、国の外とのつながりは非常に進んでいます。私のいるバーゼルは、ドイツとフランスに国境を接していますので、常に複数言語が飛び交うことになります。皆、その中で、なんとかコミュニケーションしているのですよ。スイスという国が豊かなのも多くの国民が外国語を話すということにも理由があるのではないかと思います。

古森「外に出て行く」のではなく、「外から来ていただく」のもグローバル化の一つのあり方です。来ていただくといのは、例えば観光客やビジネスの訪問者を増やしていくということですが、これも受け入れ側である日本の人々の英語力と密接な関係がありますね。

河合 そういう観点では、人々の英語力に加えて、都市そのものが外国人にとって魅力的な国際都市にならないと・・・。観光旅行で英語が通じるとか、売り子さんが少し英語を話せるとかではなくて、「英語で成り立つ都市生活がある」というところまでいかないと、優秀な外国人が働きに来てくれないでしょう。英語人材の採用難で、国際機関の設置場所としても日本は敬遠されています。

古森先ほどから出ている、「外の世界を知る」「外から日本を見る」ことでグローバルなるものの現実感を身に付けるにしても、やっぱり情報は英語ですね。英語を使って、海外の様々な情報に触れて、自分自身としての独自の情報収集をしていく必要がありますね。それが、とりもなおさず「個」の形成にも資すると思います。