C-Suite Talk Live第39回 河合 江理子さん

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第39回 (4/4)

第39回 河合 江理子さん
Calendar2011/01/25

投資への健全なリテラシーを

古森 さて、そろそろお時間が近づいてきましたが、最後に河合さんのご専門、投資の分野について少しお話を伺えればと思います。今日の話の文脈に沿って、日本のグローバル化を含む今後の大きな社会の流れを考えた場合に、「投資」というのはどういう位置づけになりますかね・・・。

河合そうですね、大きな流れということでは、日本で人口が減っていく中で低成長が予想されるわけですから、年金基金などが出来るだけ良い投資をすることが国民の生活を守ることになると思います。リスクが低いからという理由で日本の中でリターンの低い国債だけに運用していても長期的にみるとリスクとリターンという面では最適ではないと思います。成長性の見込まれる新しい産業や新興国経済にリスクをわきまえた上で投資していかないと先細りになってしまうような危機感があります。

古森 「良い投資」というのが、重要ですね。抽象度の高い話になりますが、「良い」ってどういうことでしょうかね。

河合 だましたりだとか、ルール違反をしたりだとか、そういうのは良い投資ではないということです。あたりまえのことですがリスクを抑えてその中で高いリターンを得るということです。あるいは、「投機」ではなく「投資」をしましょう、というメッセージと置き換えてもいいです。

古森 なるほど、投機ではなく投資ですね。。

河合 本来、先を見通して、一定のリスクをとって投資を行う行為というのは、欧米では尊敬される職業となっています。ベストアンドブライテストといわれる成績の優秀な人たちがこういう仕事に取り組むのは、世界の潮流を判断し資産を有意義な投資にまわすというのは知的でエキサイティングな仕事であるからです。高い報酬に惹かれてというだけではありません。もちろんこのサブプライム危機を生み出した投資銀行の役割等に批判が集まっており公共利益に反した行動をとった場合はそれなりの処遇を受けるべきだと思いますが。

古森 日本では、あんまり儲けるとよくないという、評判上のブレーキのほうが強く出ている気がしますが。投資に関わらず、いわゆるお金儲け全般に関して、概してネガティブな空気を社会が醸しているように思います。

河合 良い投資をしていくということは、運用成績を上げて例えば年金基金などの観点でも、国民の豊かな将来のためになることですよね。資産運用ということに関して、もっと国民全体の偏見がなくなればいいなと思います。

古森日本の人々も、内心はお金儲けが大好きなわけですよ。だから、「うまい話」に乗ってしまう人は、いつの時代もなくなりません。みな、出来るだけ資産を持ちたいし、持ったら出来るだけ上手に運用したいわけです。ただ、そういう欲望は、社会的には、あまり強く表に出さないことがよしとされているわけですね。

河合 やはり、投機、言い換えればマネーゲームのようなイメージがどうしてもそこにあるのかもしれませんね。もう少し投資を真正面からとらえて、プロフェッショナルとしての専門性も生かして、まさに良い投資を増やしていくべきだと思います。また国民の金融や資産運用に対する基本的知識も高める努力が必要だと思います。グローバルインベストメントや世界の出来事を瞬時フォローしていくためには英語力は本当に大切ですね。

古森 マーサーにも投資コンサルティング部門がありまして、年金基金のポートフォリオ戦略や運用機関選定などをお手伝いしています。クライアントの方々の意見を伺っていて思うことの一つは、やはり、グローバルな投資情報へのニーズですね。いわゆるオルタナティブ投資も含め、投資の選択肢は格段に広がっています。その中で、何を軸に物事を見て、良い投資にしていくか。投資の世界でも、「グローバル」なるものへのアクセスが問われているように思います。

もう、時間になってしまいました。河合さん、今日はご自身のキャリアの話を縦糸にして、グローバル化にまつわる色々なお話を聞かせて頂きました。今後のキャリアを考えている人に対して、何かヒントになる部分が数多くあったのではないかと思います。有難うございました。

~ 対談後記 ~
河合さんとは初めてお会いしたのですが、お互いに昔マッキンゼーという会社を卒業しているという間柄で、何か安心できるものがあったように思います。ネットワークの話をしていて、自分自身、そういうものの中に住んでいるなぁ・・・という感覚を新たにしました。ただし、どんなにクローズドな世界を共有しても、何か邪悪なことをしてしまったら、二度とそこに戻ることは出来ません。そういう意味では、話の最後に出てきた「良い投資」というのも、ある意味で貨幣経済というコミュニティのネットワークの信頼を裏切らないやり方での投資、と解釈することも出来ますね。やはり、万事人間社会のつながりの鍵は、信頼やリスペクトだなと思いました。

河合さん、有難うございました。