C-Suite Talk Live第42回 三菱化学株式会社 取締役 常務執行役員 大平 教義 さん | マーサージャパン

C-Suite Talk Live第42回 三菱化学株式会社 取締役 常務執行役員 大平 教義 さん

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第42回(1/4)

第42回 三菱化学株式会社 取締役 常務執行役員 コンプライアンス推進統括執行役員 広報室、内部統制推進部、総務部、人事部、人材・組織開発部分担 大平 教義さん
Calendar2011/05/12
C-Suite Talk Live 第42回 ~対談エッセンス~
  • 「協奏」するために
  • グローバル人材の前提は、「仕事が出来ること」
  • 人事は価値観の語り部たれ
  • 人を育てることこそCSR

「協奏」するために

古森 こんにちは。本日は、お忙しい中を有難うございます。この対談シリーズ、広い意味で「人」にまつわる視点や考え方、取り組みなどを各界のリーダーの皆様からお伺いして、はや40回以上を数えました。大平さんのお話も是非一度伺えればと思っておりました。どうぞよろしくお願い致します。

大平 こちらこそよろしくお願いします。

古森 大平さんは、三菱化学の取締役でいらっしゃるとともに、三菱ケミカルホールディングスの常務執行役員として、グループ全体の人事分野を見ておられるのですね。グローバル経営の文脈の中でグループ経営をいかに動かしていくかというのは、昨今の企業経営における重要課題のひとつだと思います。まずは、グループ経営の視点からお伺いしたいと思います。統合ではなくホールディング形式にしたのには、どのような狙いがあったのでしょうか。

大平 無駄なことに時間を使わないようにして、現実的な動きやすさを重視したということです。合併という手法もありえますが、そうすると新しい会社の仕組みなどを作ることに多大な労力がかかります。私どもの場合は色々な事業分野の企業があるわけですし、ホールディングスの形であれば、まず入りやすいですからね。

古森 なるほど、機動性を重視した形でグループ経営をスタートさせたのですね。今後どのようにして、この企業グループからシナジーを生んでいくかが鍵になりますね。

大平 まだこれからという部分もありますが、基本となる考え方は、それぞれの企業に自立性、独立性を持たせながらグループとしてシナジーを出すということです。その際に現実的な面で重要になるのは、「人」の分野でのシナジーです。

古森 シナジーの源泉として、「人」の視点は欠かせませんね。

大平 ただし、「人の交流」を無理やり推進しても、あまり意味はありません。ただ混ぜたからといって、シナジーが生まれるとは限らないのです。まずおさえるべきは、「お互いにわかりあう」という状態を作り出すということです。

古森 所属する会社を超えて、人々がお互いを知るということですね。

大平 そうです。各社の人間同士がお互い知り合って分かり合っている状態になれば、事業単位で統合を行う場合でも円滑に進むでしょう。あるところで人が足りなければ、他の会社からの異動で補うようなこともしやすくなります。会社をまたいだ異動・配置を先に考えるのではなくて、その素地を作ることが重要です。

古森 ハードな仕組みや規範でつないでいくのではなく、やわらかな、有機的なつながりを重視しておられるのですね。

大平 根底にある考え方として、社長の小林は「協奏」という言葉を打ち出しています。

古森 「競争」ではなく、「協奏」なのですね。どんな「協奏」が始まっているのか、大変興味があります。差し支えない範囲でお聞かせ願えませんか。

大平 たとえば、このホールディングスの人員構成自体がすでに「協奏」ですね。ほとんどのメンバーがいずれかの事業会社からの出向という形になっています。それぞれの個別の立場を担いながら、同時に、グループ全体のために一緒になって仕事を進めていく場になっているのです。

古森 ここでグループとしての新しいカルチャーが作られていきますね。

大平 もっと踏み込んだところでは、R&D分野ですね。ここは「協奏」をかなり積極的に進めています。お互いを知り合う段階を経て、物理的な融合にまで進むケースが出てきました。たとえば先般、三菱レイヨンのバイオ関連の研究所を三菱化学の子会社である株式会社三菱化学科学技術研究センター(横浜市青葉区)のバイオ技術研究所に集約しました。

古森 有機的な「協奏」のベースがあって、徐々に自然な形でハード面でも融合が起きてきているわけですね。

大平これからは、さらに事業単位で融合させていくようなケースも出てくるかもしれません。お互いを知り合うという基礎をしっかりと作りながら、グループ内の色々なところでさらなるシナジー創出への議論が進行中です。

古森 そういうスタンス自体が、このグループのカルチャーになっていくかもしれませんね。

大平 そのとおりです。そうなっていけば、今後さらに新しい企業がグループに仲間入りした場合でも、入って来やすいのではないかと思います。

古森 「協奏」が本当にカルチャーとして根付いていけば、これはグループ全体の競争力の源泉になるでしょうね。