C-Suite Talk Live第42回 三菱化学株式会社 取締役 常務執行役員 大平 教義 さん

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第42回(4/4)

第42回 三菱化学株式会社 取締役 常務執行役員 コンプライアンス推進統括執行役員 広報室、内部統制推進部、総務部、人事部、人材・組織開発部分担 大平 教義さん
Calendar2011/05/12

人を育てることこそCSR

古森 お話を伺っていて、三菱ケミカルホールディングスの根本にすえられているのは、平凡な表現になるかもしれませんが、世の中や社会への貢献なのだと感じます。あまり奇をてらったことをせずに、地道に本質的な存在意義を追求していくような印象を持ちました。

大平 私はそう思っています。奇をてらわないという意味では、俗に言う「CSR」にしても、特別なことをそのためだけにやる必要はありません。私としては、企業が責任を持って人を育てることこそが、CSRではないかと常々思っています。

古森 ああ、それは僭越ながら私も同感です。もちろん、企業ごとに色々な形でCSRを表現したらよいと思いますが、「人を育てることがCSR」というのは、本当にそう思います。

大平育てた人が企業の中で活躍していけば、それはやがて経済・社会の役にたっていくことでしょう。また、そうした素晴らしい人材を企業に囲い込むことに固執せずに、外に向かうベクトルが生まれてきたならば、輩出していくことも社会貢献の一種です。

古森 それがまさに、CSRですよね。企業としては、当然第一義的には自社で活躍してほしいわけですが、巣立っていくならそれも社会への貢献と考える。CSRという言葉の意味に厳密に言えば、そうした人材輩出が社会的な「責任」なのだと思います。そのような高い視点で、人材育成に取り組みたいですね。

大平 定年まで弊社で働いて様々な能力、専門性を見につけた人々が、その後地域の自治会などで有為なリーダーシップを発揮しているケースも多々あります。

古森 素晴らしいですね。また、結局はそうした地道な人材輩出と貢献の積み重ねが、企業のブランドにもつながっていくのだと思います。

大平 採用についても、CSRの観点が必要です。ありとあらゆる雇用を吸収することなど出来ませんが、一定の社会的責任を意識することは必要でしょう。過去の大企業の採用トレンドを見ても、もう少し、社会への影響を考慮できなかったか・・・と思う面はありますね。弊社では、採用数自体は多くはないですが、毎年ある程度の採用を続けていこうと考えています。それも、企業の社会的責任だと思うのです。

古森 企業ごとに色々なサバイバルの要件があると思いますし、すべての企業が潤沢に人を採用し育成できる状況にないことも事実です。しかし、もしCSRというものを語るのであれば、必ずしも新しいものをそのために立ち上げる必要はなく、胸を張って「人材育成がうちのCSRです」と言う企業があってもいいですね。

そろそろ時間になりました。またひとつ、これからの企業経営を考えていくうえで、ヒントになる材料を頂くことが出来ました。日系企業のグループ経営が、グローバルの舞台で競争力を持つうえで、有機的な要素が独自の強みになるのではないか・・・と感じました。本日は、ほんとうに有難うございました。

~ 対談後記 ~
私のような若輩者がこのように言うのは失礼かもしれませんが、大平さんとお話ししていて、ちょっと古風で、それでいて柔らかく、人間的に温かい何かを感じました。かっこいい言葉に踊らず、本質を見る。人や組織が成長していくうえで、根本となる部分でぶれない。そして、人というものの可能性を本気で信じる・・・。短い時間でしたが、私もなにか、大平さんという上司に薫陶を受けたような気持ちになりました。

大平さん、有難うございました。