C-Suite Talk Live第43回 ノードソン株式会社 代表取締役 副社長 内田勝さん

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第43回(3/4)

第43回 ノードソン株式会社 代表取締役 副社長 内田勝さん
Calendar2011/10/13

人材育成は経営者の重要ミッション

古森 日本人としてはそれほど多くない、グローバル・コミュニティに通用する内田さんですが、御社の日本法人のメンバーの育成に関してはどのようにお考えですか。加速して行くグローバル化、厳しくなる国内市場などを考えても、人材育成の営みをいかに進めていくかが鍵になると思いますが。

内田 おっしゃるとおり、人材育成が経営者としての私の最大の責務の一つだと思っています。特に重要なのは、お客様と接する第一線の営業人材のレベルアップです。冒頭に申しましたように、お客様のことを深く理解し、それを咀嚼して、何かを提案していくことが重要ですから、その一つひとつに関して改善をしていけるように色々な取り組みを行っています。具体的に何を・・・ということを、そのまま公開するのは差し控えさせて頂きますが。

古森 人材育成のプログラムをつくり、実行していく中で、内田さんが一番大事にされていることは何でしょうか。

内田 いくつかありますが、まず、教える際のスタンスをどうするかということですね。私は今50歳ですが、私がいわゆる若手だった時代には、「若手に丁寧に教える」という考え方はあまりポピュラーではありませんでした。基本的には、技は見て学んで試行錯誤して盗むべきもので、教えられるものではないという通念がありました。

古森職人的、徒弟制度的な世界ですね。

内田そういう育て方には一理あると思っていますし、実際、昔はそれが可能な環境だったと思います。一言でいえば、時間に余裕がありました。しかし、今日の商環境の中では、あらゆるものが激しい時間的プレッシャーの中で動いており、物理的リソースも絞りこまれている職場がたくさんあります。おまけに、お客様の視野がどんどんグローバル化していく。そうした環境下での人材育成を考えたら、私は「丁寧に具体的に教える」というスタンスが欠かせないと思っています。

古森 育てる側の好みや考え方の問題ではなくて、環境から合理的に考えてそうなると。

内田そうです。ですから、私は職場のOJTのあり方にせよ研修プログラムせよ、「丁寧に具体的に教える」ということを重視しています。「見て盗んだやつが偉い」というスタンスには、絶対にしません。

古森 ご自身でもかなり人材育成の仕事に関与されるのですか。

内田 関与どころではないですよ。経営者の仕事として、主体的にリードしなければならない分野だと思っています。何か重要な研修プログラムを設計する際には、私自身の持つネットワークをフル活用して、国内・海外から最適な講師を招聘して、しっかりと準備段階の議論をします。具体的に何をどう伝えるべきか、自社にカスタマイズしたプログラムを講師と協働して作っていくのです。

古森 プログラムの設計段階で、経営者自身が大きなエネルギーを注ぐわけですね。

内田 また、そうして設計したプログラムを展開する際には、原則として私も研修の場に同席することにしています。かなり時間のかかるプログラムでも、単に様子を見るということではなくて、意図した効果が出ているか、個々人の反応はどうかまで、しっかり自分の目で見ることにしています。研修の進行中に、個々人の反応を見ながら、講師の方とさらなるファインチューンをその場で行うこともあります。「とりあえずやる」のではなく、本当に結果を出しに行こうとしていますから。

古森 経営者として、まさにそこで真剣勝負しておられるわけですね。お話を伺っていて、ビリビリと緊張感が伝わってきます。「勝負」のにおいがします。実際、人々の動きは変わってきましたか。

内田私が代表取締役になってからまだ1年くらいの取り組みですが、既に変化を実感し始めています。例えば、ある種のプレゼンテーションスキルに関するプログラムを導入したのですが、最近ではこちらがプッシュしなくても、現場の人々が率先して参加してくるようになりました。また、プログラムを終了した人々がそれぞれの現場に帰って、日々の仕事の中で組織のメンバーに知恵を授けるような動きも出てきました。

古森 それは本当にプログラムが生きていて、実際に成果をあげている証拠ですね。実利が出るからこそ、現場の方々も自ら挙手して参加するわけですよね。日常の仕事の中で知恵の伝播が起こるというのも、まさに内田さんが狙っておられる姿でしょう。「丁寧に具体的に教える」というスタンス自体が、徐々に組織に浸透しているのだと思います。