C-Suite Talk Live第44回 G&S Global Advisors Inc. 橘・フクシマ・咲江さん

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第44回(2/4)

第44回 G&S Global Advisors Inc. 橘・フクシマ・咲江さん
Calendar2011/10/25

Globalization ≠ Westernization

古森 そのモメンタムが消えないようにするためにも、これまで足を引っ張ってきたものが何だったかを認識しておく必要があると思います。頭では、多くの人が人財マネジメント面でのグローバル化を必要と知りながら、なぜこんなに10年単位で時間をロスしてしまったのか。今の経営トップは、かなりの方々が海外経験をお持ちです。でも、よく「宇宙人」とか「エイリアン」とか、そういう呼ばれ方をしていましたよね。経営トップからすると、「君たちがガラパゴスなんだよ」となるのでしょうが。

フクシマそうですね。日本の大企業数社の取締役を経験して、企業の内側からの視点を理解する立場になって感じるのは、予想以上に皆さん良い海外経験をお持ちなのだな・・・ということです。かなり日本的な感じの方でも、そうだったりします。ですが、それをこれまで前面に出して活用できたかというと、残念ながら日本の企業風土の中では、難しかったのだと思います。

古森 あまり海外での経験が誇れるものとはみなされなかった・・・。

フクシマ というより、会社にそれを生かそうという意思がなかったのだと思います。海外経験がプラスになるというよりは、「海外かぶれ」を「社会復帰する」ために超ドメスティックなポジションに就けたりするケースが多くありました。実は、この方々は、サーチ・ファームには良いターゲットでしたが。もったいない使い方をしてしまいましたね。最近ようやく、会社全体でグローバル化が至上命題になってきて、経営トップのサクセッション・プランもグローバル経営の視点になってきました。

古森 10年ほど遡ると、「海外でやっていました」というのは、ともすれば「日本を分かっていない」とか、「日本でドブ板をやっていない」(= 禊がない)とか、あるいは「コースから外れていたのですか」といった見方をする向きもありましたね。海外留学もそうです。「留学したからって、すぐに格好良いことをさせるのはいかがなものか」と。

フクシマ そうですね。国内営業から留学に行って、帰ってくると「会社の資金で遊んで来たのだから、また厳しい現場を経験しなさい」と国内僻地の営業だったりして・・・。それで転職を考え始めた人々を私はずいぶん多く見てきました。もちろん、国内の営業は重要な仕事ですので、そのポストが良いとか悪いとか言いたいのではありません。海外経験がストレートに生かされないキャリアパス運営があまりにも多かったということを申し上げたいのです。

古森 ええ、私もそういう意味で言っています。海外経験を生かして何かを働きかけて行くという行為が、少なくともやりやすい社内環境ではなかったということですね。

フクシマそうなります。

古森 「海外に行ったくらいでアメリカかぶれしやがって」「日本は欧米じゃないんだ」「なんで日本が海外にあわせなきゃいけないんだ」といった反応も、日本企業のあちこちに見られた組織風景です。現在はそういう声は少ないと思いますが。

フクシマ 今でも、「グローバルだ!」と言うと、それを「Westernization」という感覚でとらえてしまう方々が、かなりいらっしゃいます。

古森 グローバル化というのは、様々な多様性を前提に経営するということだと私は解釈しています。決して、なんでも「Westernize」するということではないですよね。