C-Suite Talk Live 第48回 三菱ふそうトラック・バス株式会社 人事担当常務 江上 茂樹さん

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第48回(2/4)

第48回 三菱ふそうトラック・バス株式会社 人事担当常務 人事・総務本部長 江上 茂樹さん
Calendar2012/02/08

ドイツ人社長の秘書役~なじめない英語環境

古森その環境が、やがて変化していったと・・・。

江上 あれは2005年の春先のことでした。ポートさんという当時のドイツ人社長のエグゼクティブ・アシスタント、いうなれば政策秘書のような仕事がまわってきまして、いきなり「外国人」と仕事をすることになってしまったのです。

古森 かなりの戸惑いがあったことでしょう。

江上 それはもう。

古森どうされました?

江上 正直に言いましたよ。「英語、できません。」と。実際、ほとんど出来ませんでしたし、英語をしゃべりたくもなかったのです。

古森 語学スキルの問題以前に、英語を使う仕事をしたいという気持ちもなかったと。

江上 その通りです。

古森 それで、ポートさんは何と?

江上 あっさりと、「Just do it.」と言われました。

古森 それだけですか。

江上 ええ。それで、最初はまあ、「そう言われるんだったら仕方ないかな」と思いました。でも、やはり大変だったのです。相当苦労しました。お恥ずかしい話ですが、電話の出方も知らなかったわけです。なんだかよく聞き取れない名前の人が電話をかけてくるんですよ。それで、ものの本によれば「名前のスペリングを聞くように」とあるので、たずねてみるのです。そしたら、そのスペリングも聞き取れないのですよ。

古森 それは、相当苦労されましたね。

江上 今でこそドイツ人の名前を色々と知っていますが、当時は聞きなれない名前ばかりです。本当に分かりませんでした。苦労してようやく聞き取って、「こんな人から電話が来ていますけど」というと、それがダイムラーのすごく偉い人だったりして・・・。

古森 今は笑っていらっしゃいますが、当時は冷や汗ものだったでしょうね。

江上 そんなことの繰り返しでした。おまけに、その部署の上司にあたる人がドイツ人と日本人のハーフの方で、ドイツ語も日本語も両方ペラペラだったのです。ハイパフォーマーの方で、私がいなくてもその方だけでこなせてしまいますから、私の出せる付加価値って何なのだろう、とずいぶん悩みました。

古森 つらいですね、出せる価値が見えない状況というのは。

江上 それまでは、人事で「これが自分の専門分野だ」というものが明確にありました。ところがエグゼクティブ・アシスタントという仕事は全方位的な仕事ですから、力の出しどころが見つけにくくて。「もう、会社を辞めてしまおうか」と思った日もあったくらいです。結局、半年くらいたっても英語はほとんど上達しませんでした。

古森 そうでしたか。「日本の会社に入ったはずなのに、なぜだ?」という心境だったことでしょうね。