C-Suite Talk Live第52回 日本CFO協会 専務理事 事務局長 谷口 宏さん

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第52回(3/4)

第52回 日本CFO協会 専務理事 事務局長 谷口宏さん
Calendar2012/04/24

これからの日本企業のCFOはどうあるべきか

古森 次の10年のテーマは、そうしますと、谷口さんとして考えている「あるべきCFOの姿」についての啓蒙・啓発活動の要素が入ってきますかね。

谷口 そうなります。もちろん、時代のニーズに応えるということは継続しつつ、ですが。

古森 啓蒙・啓発というのは、社会において価値の高いものであっても、継続していくための経済的負荷は高いですよね。次の10年は、日本CFO協会にとってチャレンジが多いフェーズになりそうですね。

谷口 まさにそのチャレンジについて、協会内でも議論をしているところです。もとより世の中に必要なCFO機能・人材の育成を意図して立ち上げた協会ですから、チャレンジは乗り越えていかねばなりません。趣旨にご賛同いただける様々なプレイヤーと協働する手もあるでしょう。あくまでも、我々の本来的なミッションは堅持した上で具体策を考えて行く必要があります。

古森現在とこれからの経営環境を考えたときに、谷口さんとしてはどのような「CFO像」が日本の企業にとって必要だと思われますか。当然のことながら個別企業ごとのロジックがあるはずですが、一般論として。

谷口 現状では、タイトルとしてCFO、もしくはそれに相当するようなクラスの方々でも、まだ業務の標準化や管理インフラを作っている過程にある場合が多いですね。これは、内部統制やコンプライアンスの流れが本格化してからそれほど時間が経っていないこともあり、やむをえない面があります。皆さん、そうした実務がある以上は、まずそれに応えていくという姿勢で取り組んでおられます。

古森 ただ、その先にあるものを打ち出して行きたいわけですね、谷口さんとしては。

谷口 はい。様々な管理インフラができて、財務・経理の情報が海外を含むグループ連結範囲から本当にコーポレート本社に透明性を持って入ってくるようになった暁には、「その情報を使って何を判断するか」ということが重要になってきます。

古森 多くの企業がグローバル経営を進めていく中で、財務・経理分野に限らず、色々な分野で「グローバル本社」としての責任を果たそうとしていますね。その第一歩として、連結範囲内の経営情報を「知る」ための基盤づくりを急いでいます。人事分野でも、そういう流れが顕著に感じられます。財務経理の分野には決算という仕組みがありますので、他の分野に比べれば情報の透明性は既に高いのだと思いますが・・・。

谷口たしかに最低限の情報は、他の機能分野に比して充実しているとは思います。ただ、決算など規範に基づく作業を充足するための情報と、本当に連結本社として重要な判断を適切に行うための情報との間には、やはり差があります。本来のCFOというのは、CEOの右腕として実質的にある部分の「経営判断」をしていくのが期待値だと思っていますので、埋めなければならないギャップは大きいのです。

古森 CEOに至る有力なキャリアパスの一つとしてCFOが位置づけられるようなイメージでしょうか。財務・経理分野の強みを生かしつつ、あくまでもCEO目線で経営判断をなしうる人材として育っていく・・・。実際、海外ではCFO出身のCEOというのは相当数いますね。

谷口 方向性としては、日本もそうなっていくだろうと思います。グローバル経営を進めていくと、結局どこの国で生まれた企業もガバナンスの枠組みや資本市場へのアカウンタビリティなどは近似したものを求められていきますから。そうした枠組み面の差はどんどん収斂していくはずです。これは、嗜好性の問題ではなくて、グローバル市場でプレイするためのルールのようなものです。

古森 例えば、IRの際に自分の言葉でしっかりとした説明が出来ない人には、上場企業の経営者は務まらない時代になっています。特に海外でIRをする場合などは本当にシビアですね。その際、説明者たるCEOが財務・経理の視点でしっかりとした話が出来るかどうかで、投資家からの評価は変わることがあります。CFO出身、あるいはそれに類する経験を積んだCEOというのは、そういう場面では非常にパワフルだと感じています。

谷口 問題は、そういう方向性があるとして、現実のニーズがどの程度キャッチアップしてくるか・・・ということです。日本企業の一般的な経営陣というのは、連結全体の説明責任を負って、それに対するコントロール感覚を持つというスタイルには馴染んでいません。CEOの右腕的なCFOの役割というものは、まだ皮膚感覚で必要性を感じる状態には至っていない場合が多いでしょうね。

古森 これまでの延長線上に存在する現実と、少し先の世界で必要になる要求水準との間をどう埋めていくか。これが、今後の日本CFO協会のテーマの一つですね。

谷口啓蒙・啓発を進めながら、今足元にある現実のニーズには応えていく・・・。単に「進んでいない」「日本は遅れている」みたいなことを言うのは、意味がないと思っています。ただ、現状肯定だけでは変化は起きませんので、場合によってはあえてニーズのないところに、「これはどうだ!」と出していくことも必要になるでしょう。そうすると、「なるほど、これが次の時代の要請なのか」と気付いて頂ける場合もあるだろうと思います。