C-Suite Talk Live 第55回NHN Japan株式会社 代表取締役社長 森川亮さん (4/4) | マーサージャパン

C-Suite Talk Live 第55回NHN Japan株式会社 代表取締役社長 森川亮さん (4/4)

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第55回(4/4)

第55回 NHN Japan株式会社 代表取締役社長 森川亮さん
Calendar2012/08/22

すごい人たちが最後に辿り着く場所に

古森 最後に、今後企業として成長してグローバル化も進めていく中で、「将来はこうありたい」というものが何かありましたら、お聞かせ願えればと。どのような角度からでも結構です。

森川 そうですね。世界中のIT業界で先端を行っている人たちが、「最後に入りたい会社」としてこの会社を選んでくれるようになったらいいなと思います。

古森世界の一級人材の「Final Destination」ですか。なるほど。

森川 入り口も思い切り狭くして。「一回あそこで働いてみたい」と思われるような、そういう価値を作っていきたいですね。

古森 憧れの対象。「一度はあそこに」「最後はあそこに」という、そういう場所に。

森川 ここ数年、人の教育、給与、採用などを色々と見てくる中で、思うところがありまして。給与は高ければ高いほうが良いのでしょうし、教育の環境を用意するのも大事なことなのでしょうけど、やはり一番大事なのは「すごいヤツがいる」ということかなと。「すごいヤツ」を採用するためには、既にそこに「すごいヤツ」が集まっていて、そこから出てくるクオリティが非常に高いという状態を作る必要があります。そうなれば、「最後ここで働きたい」という一流人材が世界中から集まってくるようになるでしょう。

古森一流人材の憧れの地・・・。

森川 アニメの世界で言えば、トイストーリーを作ったピクサーみたいなイメージですよ。

古森森川さん個人としても、そういう世界に憧れがおありなのでしょう。

森川 僕自身、「すごい人と一緒にすごい結果を出したい」という気持ちが強いのです。そういう人たちが周りにいるだけでワクワクしますし、自分も成長できますしね。

古森そこは純粋にそういう思いがおありなのですね。

森川 はい、そうですね。日々良いものが生まれて、ユーザーさんも喜んで、それがまた注目されて、憧れられて、という。そういう会社にしていきたいです。

古森 お金じゃなくて、憧れを通貨にしてまわっていくような組織ですね。「すごい人とやりたい」「すごいことをやりたい」という思いが、どんどん組織を動かしていく。

森川 お金だけで組織をまわしていこうとすると、本当に離れていくと思います。

古森 人類社会からお金はなくなりませんが、「何のために」の部分は必ずしもお金ではありませんね。お金と付き合いつつ、より価値的なもの、精神的なものに軸足を移す人が増えているのが21世紀だと思います。純粋にそちらの方向に進んでいくことで、結果としてクオリティが上がり、お金もついてくるということではないかと思います。
そろそろ時間になりました。森川さん、本日はお忙しいところ、貴重なお話をお聞かせ下さり本当にありがとうございました。