C-Suite Talk Live第56回 グラクソ・スミスクライン株式会社 取締役人財本部長 四方 ゆかりさん | マーサージャパン

C-Suite Talk Live第56回 グラクソ・スミスクライン株式会社 取締役人財本部長 四方 ゆかりさん

ライブラリ / 「経営×人・組織」視点の対談 C-Suite Talk Live / 第56回(4/4)

第56回 グラクソ・スミスクライン株式会社 取締役人財本部長 四方ゆかりさん
Calendar2012/07/23

GSKのマネジャー育成はGSKとして自力で行う

古森 そうなると、リーダー育成というのは組織カルチャーの遺伝子づくりそのものですね。リーダー層の育成施策に関しては、何かこだわっておられる点がありますか。

四方今後のGSKの組織におけるリーダーシップを担う中核層は、言うまでもなくマネジャー・クラスの人たちです。特に、組織の意思決定を担っていくライン・マネジャーの強化が目下の優先テーマの一つと認識しています。

古森 ライン・マネジャーの強化。

四方はい。ちなみに強化というのは、「現任者に成長していただく」という面と、「いかに適切な人を選ぶか」という両面が必要だと思っています。

古森 経営トップ層に「トラスト」などの良い遺伝子があっても、現場との中間に位置するライン・マネジャー層で曲がってしまったら、カルチャーは壊れてしまいますね。あらゆる組織に普遍的な「永遠の課題」とも言えます。例えば、どのようなことに取り組んでおられますか。機密事項も多いでしょうから、お話しいただける範囲で。

四方より本質的なところでは、マネジャー向けのトレーニングは基本的に内製化しています。これは、GSKとして全世界的な方針です。マネジャーに求められる要件は、普遍的な部分もありますが、鍵となるのは時代とともに変わっていく企業独自の部分です。これは、経営しながら伝えていくしかない要素ですので、外部に出すことは出来ないのです。

古森 よく分かります。遺伝子を伝えながら、かつ、時代とともに遺伝子を少しずつ進化させていく。経営として感知している環境変化を生き延びて行く力を、次世代の遺伝子に組み込んでいく。経営トップと人事が手を組んで行うべき仕事ですね。そうしたプログラムというのが、グローバル共通で存在するわけですね。

四方そうです。GSKとして、「マネジャーにはこうあってほしい」というものがありまして、それに沿ったコンピテンシーやトレーニング、評価のあり方などが定義されています。これを日本でも展開しています。職種や国・地域が違っても、「GSKのチームを預かるマネジャーにはこうあって欲しい」というものを、世界共通で伝えていくのです。

古森伝える側の責任も重大ですね。

四方その通りです。もっとも、こうした遺伝子を伝えていく作業は、トレーニングの場だけではありません。やはり日常の仕事環境の中で上位層のリーダーたちが体現して見せるのが一番です。トレーニングの場は、むしろその確認の場であるべきです。したがって、人事としてはそうしたロール・モデリングが起きるように目を配ることも重要な仕事になります。

古森 人事は、遺伝子の番人ですね・・・。結局、上位層も中間層も両方見ていなければ遺伝子は守れないということですね。

四方上位層のリーダー人材に関しては、「GSKとしてふさわしいリーダーか」という視点で、本社と日本法人の経営層、人事の間で厳しい議論を行っています。また、日常の仕事の中でも意識して色々な種を蒔いています。各リーダーたちと仕事をする中で、GSKの価値観に照らして「足りない」と思う場面があったら、気づきや学びがあるように議論の場を提供したりしています。とても地味な取り組みなのですが、人事として重要な仕事だと思っています。

古森 人事のハードの部分、つまり制度や各種プログラムなどを適切に設計、運用、更新していくだけでなく、企業としての価値観や遺伝子を生身の「人」に伝えていくというソフトの部分ですね。かつ、それをトレーニング、登用議論、日常の業務などの複合的視点でとらえてプロデュースしていく。人事の仕事の醍醐味を感じるお話ですね。一個の正解があるものではなく、まさに人事として「決断」と学びを重ねながら取り組んでいくものですよね。

四方 「正しいはず」と思って動いていかないと、人事の仕事は前に進めないですよ。

古森 日本からグローバルに通用する人材を生み出していくためには、人事にもリーダーシップが必要ということですね。

そろそろ時間になりました・・・。今日は、数多くの興味深いお話を伺うことが出来ました。特に、「決断力」のある人材は組織の「トラスト」が作るというお話など、私自身も学ばせていただきました。読者の方々にも、それぞれに何か響く部分があるのではないかと思います。四方さん、お忙しいところ、本当にありがとうございました!