アジアは年金危機を乗り越えなければならない | Mercer 2019

アジアは年金危機を乗り越えなければならない | Mercer

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

アジアは年金危機を乗り越えなければならない
関連記事:
Calendar04 4月 2019

アジアの年金制度は大きな課題に直面しています。この地域では急速に人口が高齢化し、少子化が進むなど、人口統計学上の激しい変化が見られます。しかし、地政学的な不確実性と最低レベルの金利により、投資収益率は比較的低くなっています。

堅固な退職制度が比較的少ない地域であるため、多くのアジア諸国は、十分な年金を提供するのに苦慮しています。政府は金銭的負荷を軽減し、若者と高齢者による世代間の争いを回避するために、今すぐ積極的な行動をとる必要があります。

妥当性、持続可能性、完全性の面で世界の年金制度をランキングする2018年度マーサー・メルボルン・グローバル年金指数(MMGPI)によると、アジアの出生時平均余命は、過去40年間に、多くの国で7年から14年延びています。平均すると、4年ごとに1年延びていることになります。過去40年間における65歳の国民の平均余命延長は、インドネシアの1.7歳からシンガポールの8.1歳までさまざまです。

世界の他の地域も、高齢化に関連する同様の課題に直面しており、各国で同様の政策改革が進められています。これには、年金受給年齢の引き上げ、高齢就労の奨励、退職後に備えた年金基金の増額、退職年齢前に年金口座から引き出せる金額の引き下げが含まれます。

2018年度MMGPIの調査結果は、ある根本的な疑問を投げかけています。アジア各国の政府が退職所得制度の長期的な成果を改善するには、どのような改革を実施できるか、というものです。    

  お問い合わせ
お問い合わせフォーム
*必須項目