移民労働者の未来を変革するオートメーション | Mercer 2019

移民労働者の未来を変革するオートメーション | Mercer

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

移民労働者の未来を変革するオートメーション
関連記事:
Future Returns: Analyzing China’s A-Share Market as an Asset Class
Calendar01 7月 2019

ビジネスの世界に移民が登場し、異なる文化や労働力のニーズを持つ国々で、体力と知力が複雑かつグローバルに取引されてきました。人的資本と経済的なニーズの継続的なバランスにより、世界の地政学に影響が及んでいます。ただし、デジタルトランスフォーメーションと第4次産業革命により、移民労働者の果たす役割ともたらす価値が大きく変わってきました。

肉体労働からITプロフェッショナルへ

機械やコンピューターの導入により、かつては高い技術を持たない移民労働者が行っていた仕事を、優れた効率かつ低いコストで行えるようになっています。この世界的な進展により、移民労働者、国家、世界経済はかつて経験したことのない課題に直面しています。オートメーションやテクノロジーが農業、自動車、製造業など、さまざまな業界で労働者に取って代わっているからです。

失業者が急増して、収入減が予想される人々が増える可能性があるため、多くの国々では経済紛争や政治的混乱の広がりが懸念されています。第4次産業革命のオートメーションが、低スキルの失業者に仕事を提供する国々に移住することで生計を立てている2億5800万人の国際移民の労働力に取って代わる世界はどのようなところになるのでしょうか?1

知られていない明るい未来

これまでの産業革命と同様、第4次産業革命のもたらす意味は人によって異なります。デジタルトランスフォーメーションにより、インターネットを使ってほとんどどんな情報にでも簡単にアクセスできるようになったため、すべての国民、特に移民労働者が教育を受け、新しいスキル、取引、職業について学ぶ新たな機会が提供されています。かつて貧困や経済的な孤立が障害となっていた国々でも、新たな機会が生まれています。たとえば、人口が13億人のインドでは、デジタルトランスフォーメーション市場は2024年までに7,100億ドルに達すると予測されています。2

  お問い合わせ
お問い合わせフォーム
*必須項目