欠勤率減少のための勤怠管理プログラム導入

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

Case Study: 欠勤率減少のための勤怠管理プログラム導入
関連記事:
Calendar2017/07/26

背景

派遣業で有名な某社は、利用している勤怠システムに レポート、及びトラッキングの機能がなく、 次のようなニーズを持っていた

効果的な報告システム
ラインマネジャーが欠勤を管理し、効果的に 予定を立てられるようにシステムがサポートすることで 生産性を向上させる

追跡/ 予測/抑制のための機能
具体的なデータ・ポイントを使い、 集団健康(population health)をモニター、 管理することで欠勤の抑制を行う

 

マーサー・マーシュ・ベネフィッツ (MMB) の解決策

お客様の事業上のニーズに沿う形で勤怠管理プログラ ムを導入すべく下記4つの本質的な機能に焦点を当てた

1. 欠勤報告 の中央処理化

2. 情報伝達のフローを向上することに より早期対応を可能にする

3. データ収集 欠勤の理由、日数、頻度を捕捉する

4. 職場復帰のためのプロトコル策定 と復帰過程のモニタリング

結果

MMBは現地ベンダーと協力し、マーケットで初となる包括的な勤怠管理プログラムを一から開発した

アプリダウンロード